#泣ける本

大人になっても全力で泣けるって、すごいことだ。

読書の醍醐味は数多くあれど、心を大きく揺さぶられて、涙を流す程の本との出会う度に、本を読んでいてよかったと思わされます。
もともと涙もろい一面はあるかもしれないけど、たぶん私は本を読んでよく泣きます。
電車の中で読んでしまって、しまったと思ったことは数知れず。

でもぽろぽろ涙を流しながら読む本は私にとって、何よりのストレス解消法かもしれない。
なかなか、泣こうと思っても泣けないですしね。

ということで、第2弾は「泣ける本」
何かおすすめの泣ける本、あればぜひとも教えてください。 続きを読む

「コイノカオリ」 角田光代 他

最近、恋のしかた、忘れてませんか?
ひとは、一生のうち何度恋におちるのだろう。
ゆるくつけた香水、彼のタバコや汗の匂い、好きな人に作った特別な料理——。
柔らかい恋の匂いをモチーフに繊細に、あるいは大胆に綴る、6つのラブスト−リー。

アンソロジーも、いいかもしれない。

いつまでも記憶に残る、恋にまつわる香りの話。
6人の著者によるアンソロジー。 続きを読む

「スタートライン」 小川糸 他

彼の浮気に気づいた花嫁、急に大人になった少女、別れ話をされた女、妻を置いて旅に出た男…。
何かが終わっても「始まり」は再びやってくる。

「変わりたい」「やり直したい」と思った瞬間、それがあなたのスタートライン。
恋の予感、家族の再生、衝撃の出会い、人生の再出発―。
日常に訪れる小さな“始まり”の場面を掬った、希望に溢れる掌編集。

ひさしぶりのアンソロジーです。

19人の作家による始まりをめぐる19の物語。 続きを読む

#心が温かくなる本

https://unsplash.com/photos/pJILiyPdrXI

あたらしい企画をはじめてみます。

ふと思い立って、自分の好きなテーマで本のまとめを作っていくことにしました。
もともとこんな風な(「NO BOOK NO LIFE 僕たちに幸せをくれた307冊の本」)テーマに沿った本の紹介というのは大好きです。 続きを読む

2015年に読んだおすすめ本

はやいもので、2015年もそろそろ終わります。

今年はいろいろと挑戦ができた年でした。
アロマテラピーインストラクターの資格がとれたし、手話通訳者養成講座に通い始めた。
証券会社に口座を開いて株を始めたし、投資信託も積立し始めた。
職能団体にも加入したし、あれもこれもと好奇心を持って取り組めた気がします。

本も、昨年より読めました。100冊くらい。
新刊は少ないですが、今年読んでよかった本(今年刊行されたわけではない)を、リストアップしたいと思います。 続きを読む

私をあらわす、「3冊の本」

3冊の本で自分を表すなら?

シンプルなライフスタイルが憧れのエリサさんのブログ「魔法使いのシンプルライフ」にて、素敵な企画をしていたので参加させていただきました。

“本棚は人を表すといいますが、さらに絞り込んで3冊選んでもらったら、もっとその人がわかる気がしています。
好きな本やおすすめの本ではなく、「自分を表す」というところがポイント。
自己紹介のような気持ちで教えていただけたら嬉しいです。”

 (エリサさんのブログより)

「好きな本」「人生に影響を与えた本」について考えたことはありますが、「自分を表す本」って・・・!
改めて考えてみると、すごくおもしろいですね。

選んだ3冊の本から、私も知らなかった私の軸が見えてきました。

続きを読む

2014年に読んだおすすめ本

さて、2014年も今日が最終日。
振り返ってみると、2014年は私にとって本当に苦難の、、いや、成長の機会の多い1年でした。

失ったものも多いし、得たものも多い。
辛かったことも(いまだに辛いことも)たくさんあるけど、自分を見つめ直すいい機会でした。

そんな中、本には随分助けられました。
そこで私が今年読んだ本(刊行された本というわけではない)の中でお勧めをリストアップしました。 続きを読む