「ネシャン・サーガ ヨナタンと伝説の杖」 ラルフ・イーザウ

とても細かに設定された歴史や文化、言語などが土台としてあったためすごくリアルにこのもう1つの世界を感じることができました。
ドラゴンがいて、伝説があって、人間でない生き物が数多くいるこの世界は私が好きなファンタジーの世界そのものの。
冒険の真っ最中は忘れてたものの、最後まで気になっていたのがヨンタンとジョナサンの関係とその意味するところでした。

2つの世界がリンクしているような話は他にもたくさんあるけどこれは私が知ってるそのどれとも違っていました。
どうやら3部まで続くらしいこの作品の続きがますます気になるところです。

登場人物も魅力的なんだけど、私が特に好きなのはこの世界舞台そのものでした。
禁断の地の向こうに広がってる未知なる世界が一体どんなものなのか凄く楽しみです。
窮地では多少ドキドキしたりするものの、杖の力がかなり強力だから安心して読めた気がします。

★★★★☆

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。