「砂子のなかより青き草」 宮木 あや子

寂しい。寂しい。寂しい。でも強くなりたい。
清少納言が枕草子に綴った嘘と真実とは?
R‐18文学賞デビューの実力派による平安時代小説の大本命。


年を重ねてから士官をした清少納言。
敬愛する中宮定子様を守るため、ただ強く、強くあろうとする清少納言の姿が少し痛ましくもありました。

先日ちょうど史跡巡りなるものをして、平安の頃の建築物のオブジェなどを見たこともあり、ありありとこの時代に想いを馳せられました。

枕草子といえば、男性に媚びず、定子を心から慕い、時に拗ねたりもする清少納言の人柄が見え隠れするものでしたが、この作品に描かれている清少納言もそんな様子。私が思い描いていたよりも、アクティブで不器用な一面もあったけれど。

それにしてもなんて縛りが多い時代なんだ、と思わずにいられないくらい、政治的にも社会的にも制限の多い時代だったのでしょうね。
清少納言や紫式部もよいけれど、一条天皇と定子のロマンスも読んでみたい。

宮木さんの作品は2つめですが、こういった時代ものも書かれるんですね。枕草子が書かれた背景について知れてよかった。原文で枕草子が読めたらもっと素敵だろうなと改めて感じた次第です。

「良いことが何もないのならば、良いことがあるようにすればよろしいのではと、わたくしは思います」 (p18)

★★★☆

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


1.『砂子のなかより青き草』/宮木あや子 ◎

実を言うと、清少納言は苦手でした。才気煥発・当意即妙、『枕草子』というエッセイで宮中の注目を浴びる華やかさが、私には眩しすぎて。 でも、『砂子のなかより青き草』に描かれ…


2.砂子のなかより青き草(宮木あや子)

宮木さんが描く清少納言。


「砂子のなかより青き草」 宮木 あや子” への6件のコメント

  1. こんにちは^^
    私も読みました。
    清少納言の本は以前「はなとゆめ」という本を読んでいたのでその内容を辿っていくような形になりましたが、こちらの方が清少納言の感情が露わになっていて、読みやすかったです。
    確かに一条天皇と定子のロマンスも読んでみたいです!
    宮木さんは以前「ガラシャ」という本も書いています。細川ガラシャの生涯です。こちらも私は好きです^^

  2. こんばんはー☆
    この本は何を隠そう、苗坊さんと水無月・Rさんのところで見ていて気になって手にとったものなんです(ノ▽`*)
    苗坊さんのレビュー見てみたら、ガラシゃすごい面白そう…太陽の庭も、婚外恋愛に似たものも…(わー読みたいものが多すぎる@@@
    早速今週図書館に行った時にまた探してきます♪

  3. yocoさん、こんばんは(^^)。
    昨日『官能と少女』にコメントしに来て、他の作品をyocoさんはどう読んだかしら?とお邪魔してみたら、私の名前がコメントに出てきてビックリしました~(^_^;)。
    ・・・お恥ずかしい。
    本作は、とてもしっとりした情緒ある物語でしたねぇ。
    なき子や宰相の君、中宮定子、伊周、主上・・・さまざまな人たちの強い〈思い〉が語られる、素晴らしい物語でした。
    宮木さんの「ままならぬ思い」を描いた物語、素晴らしかったですね。

  4. こんにちは~^^
    こっそりご本人がいないところで勝手にお名前出しちゃっててすみません。笑
    実は他にも水無月・Rさんのブログから私の読みたい本リストに移行してる本はいっぱいあるのです。
    自分でどんな本を読もうかな~と図書館や本屋さんに行くのも楽しいですが、ブログから自分のアンテナに引っかかるものをたくさんキャッチできるのもまた嬉しいですね。
    こちら、本当にしっとりしていていい本でした。
    最初に読んだ本とはまた随分違うなぁと思ったものの、まさか3冊目でこれも全然違う!と思わされるとはこの時は思っていませんでしたが。笑
    まだまだ読み進めていくのが楽しみです。

  5. TB、コメントありがとうございました。お伺いするのは遅くなってしまって本当にすみません・・・。

    「枕草子」は教科書で習った部分しか読んだことがないので、清少納言という人物像については全く知らないままで読み始めました。
    yocoさんが書かれているように、”定子の為に”という思いが強くて少し痛ましくも感じられましたね。読んでいて切なくなったりもしました。でも、ここまでお互いを思い合える主従ということを羨ましく感じたりもしました。
    いつか(ホントにいつか、笑)、「枕草子」を読んでみたいなぁと思いました。

  6. こんばんはー!いえいえ、こちらこそ毎度お返事遅くてすみません。
    枕草子を読むと、よく「最近の若いものはなってない!」なんて大人が言うのは今に始まった話じゃなくて、昔からずっと言われてきていること、というのと同じで、なんだか普遍的な、現代語に訳されていたら今書かれたとしても不思議じゃないような内容・・・でいながら、その裏にはままならない制限の多い時代の影があって、なんとも言えない気持ちです。
    今はとまったく違うこんな時代の小説を私もじっくりまた読んでみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。