「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」 西尾 維新

23回メフィスト賞受賞作。
著者は20歳で大学在学中、そしてイラストレーターは18歳と若さに溢れる作品。
でも決して、未熟な作品ではないのは読めばわかることです。
登場するキャラクターが大好き。
リアリティのなさにも違和感を感じず読めてしまいます。
最後のオチはやられたという感じ。

ミステリーとしても読む価値は充分にあるような気がします。
犯人の人を人とも思わないような行為には唖然とするけれど。
推理しようとしても追いつかない。
何が本当で何が嘘なんだかわからなくなって、頭を悩ませることもしばしばでした。

作中に何度も触れられた過去の話。過去に一体何があったのかも気になります。
ERプログラムの頃の話も読んでみたいし。登場するのは、みんな普通でない人ばかり。
才能が飛びぬけて高い天才も含めて。
普通じゃないからこそ、読んでて楽しいし、飽きることがない。
感動の場面もあったりして、とてもとても楽しめました。

「僕様ちゃんには全部分かってるよ。分かってることが多過ぎて、どれにするか決めるのに時間がかかるんだよね」

★★★★☆

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。