「十字架」  重松 清

いじめを苦に自殺したあいつの遺書には、僕の名前が書かれていた。
あいつは僕のことを「親友」と呼んでくれた。でも僕は、クラスのいじめをただ黙って見ていただけだったのだ。
あいつはどんな思いで命を絶ったのだろう。そして、のこされた家族は、僕のことをゆるしてくれるだろうか。
自ら命を絶った少年。のこされた人々の魂の彷徨を描く長編小説。


ここ最近の重松さん本はすべてそうですが、この本も重松さん好きの友人が貸してくれたものです。
「いじめ」により自殺をした子どもをテーマに扱ったこの本は、とても、とても重かったです。

親として読むか、子として読むかでも捉え方が随分違うであろうこの本は、核となる事柄があり、4年の歳月を経て小説化したものだそうです。

「いじめ」は、いじめる側にも、いじめられる側にも焦点がいきますが、この本は「いじめで自殺した子の家族」と「ただ見ていただけの(見殺しにした)クラスメイト」に焦点が当てられています。

見ていただけの人が何かアクションを起こしてくれたら、先生が気付いてくれたら、そうすればもっと違った結果になったのに。
それは確かに事実かもしれませんが、最近私はこうしたクラスメイトに罪はないのではないか、と思うようになってきました。というのは、なんの責任も負えない立場で、もし何かアクションを起こしてさらに自体が悪化したら?もし自分にも飛び火がきたら?
例えば庇ったことでそれまで張り詰めていたその子の心が折れてしまうこともあるかもしれない。先生に伝えたところで、本人が「大丈夫です」と言ったら教師だってそれ以上は踏み込めない。

そもそも、本人から親や担任の先生等の自分をよく知る保護者に伝えるというのはいじめられてる側にとっては相当にしんどいことだと思います。だからこそ、まずは保健室の先生だったり、文部科学省が提示しているようないじめ相談の窓口が相談窓口になるんだということをもっと周知すべきなのかもしれませんね。

1人が自殺をすると、そのことによって周りの4、5人が自殺を考えると言われるいる程自殺は影響の大きいものです。
実際本書にも登場する自殺をした子の家族は、まるで時間が止まってしまったかのような苦しい時間を過ごしていました。自殺や他殺などは本当に多くの人に十字架を背負わせる行為だと改めて感じました。それは本当に重たい。

「人間って、死にたくなるほどつらい目に遭ったときに絶望するのかな。それとも、死にたくなるほどつらい目に遭って、それを誰にも助けてもらえないときに、絶望するのかな」

という問いかけが本書にはありますが、私はどちらでもないと思っていて、「もう希望なんてない」と深く実感してしまった時に人は絶望するんだと思います。すなわち、この先何もいいことなんてない、と思ってしまったとき。

覚悟して読んだものの、やっぱりこの重さに引きずりこまれて苦しかったです。いじめる程気に入らないなら関わらなければいい、とはいえその人を無視する空気がクラス全体でできあがるのも「いじめ」だろうし、逃げられない(と思われている)学校という環境で無理に過ごさなくてもいい社会、選択肢のある社会にならないといじめはなくならないのではないか、なんていう風に思いました。

「寂しさっていうのは、両方で分かち合うものじゃないんだ。自分は寂しがってても向こうはそうでもなかったり、その逆のパターンだったり……。片思いみたいなものだよ。だから、寂しいっていうのは、相手がそばにいないのが寂しいんじゃなくて、なんていうか、そばにいない相手が、自分が思うほどには自分のことを思ってくれてないんじゃないか、っていうのが寂しいっていうか……その寂しさが寂しいっていうか……」 (p279)

★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


1.十字架(重松清)

読む前から分かってたけど、本当に重かった。そして、やるせなかった。辛かった。


「十字架」  重松 清” への2件のコメント

  1. 本当に重い作品でしたね。読んでるこちらが引きずられそうになりながら読了して、その後もしばらく引きずってしまいました;;;
    人の死というのは、周囲の人がその人とどんな関わりを持っていても何らかの影響を受けてしまうものだと思います。それが、中学生ならなおさら…。遺書に名前を書かれた彼らのことを思うと今でも気持ちが重くなります。

    TBを送ったんですが、うまく送られてないかもしれません。再挑戦してみますが、もし重複してるようなら削除してくださいね。

  2. 多感な時期にこの出来事はほんとに重い、ですね。
    思い返すだけでほんとにこの重さに引きずり込まれそうになるくらいで、これだけ影響力のある本もすごいと思います。

    そしてTB、コメントちゃんと大丈夫でしたよー!
    うちは(記載してなかったので記載しました)コメント&TBが承認制になってるので、すぐ反映されてなかったようです。ブログ移行してからまだ手探りなことも多いですが、無事にできててよかったです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。