「フランス人は10着しか服を持たない」  ジェニファー・L・スコット


高級料理を食べて、たくさん買い物をして、あちこち旅行をしても、
心からの満足を感じられないあなたへ。

典型的なカリフォルニアガールだった著者は、フランスの貴族の家にホームステイすることになる。その家を取り仕切るマダム・シックから学んだ情熱的に、お金をかけずに、生活を心から楽しむ秘訣を伝えます。


いろいろなところでお勧めされているし、
本屋さんに行けば平積みされているし、
ずっと気になっていた1冊です。

今年一番最初に手にとった本ですが、1ヶ月ちかくかけてゆっくり読み終えました。

丁寧で情熱的な暮らしをするためのヒントがたくさん詰まっていて、前向きになれる要素が盛りだくさんです。
著者がパリでマダム・シックから学んだ、毎日を “特別な日” のように生きること。難しいことは書いていなくて、すぐに始められることばかりです。

本書を読んで、早速クローゼットの断捨離もしてみました。
着ないけど捨てられない…という服を処分して、クローゼットに余裕ができると気持ちも随分すっきりするし、何より毎日の服選びが楽ちん。
それから服を買いに行く時の意識が随分変わった気がします。安い、かわいい!と飛びつくよりも、本当に必要?長く使える?と一歩踏みとどまれるようになった気がします。

「いちばん良い持ち物をふだんから使う」ということが本書には書かれているけれど、ついついとっておきのお気に入りは服にせよ食器にせよここぞという場面でしか使わない、使えない。
でも、それってもったいないですよね。そんな風に1軍、2軍とランク付けするよりも、全体的にグレードアップさせて丁寧に使っていく暮らし方ってすごく素敵なんじゃないか、なんてことに改めて気付けた気がします。

装丁もかわいくて気持ちが上がるし、たまには読み返して背筋をしゃんと伸ばしたい。

毎朝ベッドから出るとき、あなたは2つの選択肢のうちどちらかを選ぶのだ――
何も考えずにただ用事を片付けながら、ぼんやりと1日を過ごすか、
それとも、どうせ何かをやるなら熱心に集中して取り組んで、状況のいいときも悪いときも、そこから何かを学ぶか。
 (p232)

★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


1.フランス人は10着しか服を持たない ジェニファー・L・スコット

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~著者:ジェニファー・L・スコット大和書房(2014-10-30)販売元:Amazon.co.jp 間食はせず、食事を存分に楽しむ。 ...


「フランス人は10着しか服を持たない」  ジェニファー・L・スコット” への5件のコメント

  1. はじめまして。
    コメント、ありがとうございました。
    この本、気になっていました。たぶん、安物買いの銭失いな私にはぴったりな本だと思いますので、今度読んでみます(^^;

  2. こんばんは、こちらこそありがとうございます^^
    この本、今いろんなところで見かけますよね。私もずっと気になってて、とうとう買っちゃいました。
    なんというか、もったいない精神で安いものとかボロボロになったものを身につけるのはスマートじゃないな。。。とすごい胸に刺さりました。ぜひぜひ読んでみてください~^^

  3. こんにちは^^
    今更ながら読みました~。
    この本を読んでいたらちょっと高めで上質で長く使えるものをそろえたくなりました。そういうものを買っていい年なんですよね。既に結構前から←
    いまだに20代前半の時に買った服も着ていたりするんですけど^^;
    今の自分に合った洋服を探して着こなしたいなと思いました。
    そして大掃除もしたくなりました…。
    服はそこまで多くないんですけど結構物は多いんですよね~…。

  4. 苗坊さんこんばんは~!
    大丈夫です、ちゃんとわかりますよー。笑
    匿名でもこんな感じで投稿できるんですね。笑

    上質でいいものを長く・・・!っていいですよね。そうなんですよねぇ。いつの間にやらそんな年齢で・・・。私なんて学生時代から使っているコートとか普通にありますもんw
    ものを大事にしつつも、今の自分にあったものに少しずつ変えていけたらいいなぁと思います。
    いつの間にやら自分に合うものが変わってきてるのかも・・・と思う今日この頃です。
    ちなみにこの本とは関係ないですが、蛭田さんのフィッターXの異常な愛情読みました…!めっちゃよかったです。近々記事もあげると思います(ノω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。