「ワーカーズ・ダイジェスト」 津村 記久子

32歳は、欲望も希望も薄れていく年だった。けれど、きっと悪いことばかりじゃない。
重信:東京の建設会社に勤める。奈加子:大阪のデザイン事務所に勤め、副業でライターの仕事をこなす。
偶然出会った2人は、年齢も、苗字も、誕生日まで同じ。肉体的にも精神的にもさまざまな災難がふりかかる32歳の1年間、ふたりは別々に、けれどどこかで繋がりを感じながら生きていく―。


ずっと読みたいと思っていた津村さんでしたが、最初に手にとったこの本が、偶然にも今の自分にぴったりで、本の引力っておもしろいなと感じてます。

まず、冒頭のシーンで朝起きる際に8分のスヌーズを設定、なんてまさに私だ。おまけに主人公は私と同年代で32歳の働く男女。
ちょっと面倒くさい職場の人間関係とか、意味わからない理不尽なクレームとか、働いていれば「あるよねぇ」と思わず思うようなことのオンパレード。

物語はリアルな日常を描きながら淡々と進んでいって、気付くと1年経っていて「ああ、もう1年経ったのか!」と思うところまで現実と同じ。

本書では年齢も、苗字も、誕生日も同じ男女が偶然出会う場面があるのですが、そこからいきなり恋愛が始まるなんてことはなく、だけど互いにちょっと心に引っかかっている。そんな出会いってありますよね。
人の縁とか出会いっておもしろい。

それから、このままだと人間関係が先細りしてしまうのでは、という慢性的な危機感とか、長年付き合った恋人と別れた後の元恋人との距離感とか、自分の中で漠然とわかるなぁと思うものが言葉になって並んでいるのを見て、そうそうそういうことなんだ、と膝を叩きたくなる気分でした。

鋭く胸に刺さるわけじゃないけど、そっと意識の端に残るような言葉が溢れています。

「オノウエさんの不在」では、まだ見ぬオノウエさんの芯が通ったかっこよさに痺れました。
気合だ、とか言うんじゃなく、無駄な建前を言わず、実地的なものの見方をして細かい対処法を示してくれる先輩。頼もしい。

劇的なドラマがあるわけじゃないけど、今の自分をどこか肯定してくれるようにも感じるこの静かな読み心地は、ちょっとツボにはまるかもしれない。

あとは少しずつ回復できればいいと思う。それまでのレベルに達することができなくても、それを受け入れられるようにはなるだろう。
そしてその時その時のベストを尽くせるように、後悔のないように、心持ちを整えられるようになるだろう。
 (p136)

★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


1.『ワーカーズ・ダイジェスト』/津村記久子 ○

うわ~、なんだろう、このあるある感…。 正社員・派遣社員時代を思い出しました。津村記久子さんのお仕事小説って、なんでこんなに刺さるんだろうねぇ(^_^;)。事務系で会社勤めして…


「ワーカーズ・ダイジェスト」 津村 記久子” への4件のコメント

  1. yocoさんのこの記事を読んで、
    私も津村さん大好きだし絶対読みたい、と思って
    やっと読めました。
    生きるのに疲れているんだけど
    すべて投げ出すにはいかなくて
    働いている日常は
    それでも全く意味のないものじゃない。と
    思わせてくれる。
    また津村作品読むの楽しみです!
    他の作品レビューも楽しく読ませていただいてます☆

  2. こんばんは~!
    そう言ってもらえたらすごく嬉しいです。
    津村さんこそ、まさにともりんさんの記事を読んでぜひ読まなくては、と手にとった本なので、私の方こそ読めて嬉しい作家さんでした。私も大好きです、津村さん。
    >生きるのに疲れているんだけど
    >すべて投げ出すにはいかなくて
    >働いている日常は
    >それでも全く意味のないものじゃない。と
    >思わせてくれる。
    というのが、ほんとそう・・・、本当に津村さんの本って普通のちょっとしんどいような毎日を丁寧に描いてくれて、なんというかすこし、救われる感じがします。
    本があってよかったー(;ω;)
    私もいつも読ませていただいてます☆ ぜひまた遊びにきてくださいませ~^^

  3. yocoさん、おはようございます(^^)。
    私は、二人の〈佐藤〉より一回りほど上なのですが(笑)、それでも「お仕事あるある」にはだいぶやられました(^_^;)。
    理不尽で呑み込めなくても、それでも仕事は回る感がちょっと、辛いような安心するような。
    ずば抜けた解決はできなくても、コツコツお仕事をやっていくことで救われる、普通の男女の物語だったと思います。
    身に沁みますねぇ(^_^;)。

  4. 水無月さん、こんばんは^^
    お仕事あるある、身にしみますよね。
    醒めてる・・・というのとも違うけど、すごく淡々としているから、なんだかそうかそんなものか、と現状をありのままに受け止められるというか。
    抜本的な解決策とか、読んでエネルギーがチャージされる!とか、そういうのとは違ってこんな風に仕事に寄り添う小説があったんだ、という発見をくれたのが、私の中で大きいですね。普通の物語が、いいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。