「ストーリー・セラー」 有吉 浩

このままずっと小説を書き続けるか、あるいは……。
小説家と、彼女を支える夫を突然襲った、あまりにも過酷な運命。極限の選択を求められた彼女は、今まで最高の読者でいてくれた夫のために、物語を紡ぎ続けた――。
「Story Seller」に発表された一編に、単行本のために書き下ろされた新たな一篇を加えて贈る完全版。

読み終わってぱたん、と本を閉じたら思わず心が空白になりました。
だって、最後に「・・・ん・・・・?!」と思わせて終わるんだもの。
ひと呼吸置いたあとで最初から読み直すこととなりました。

プレゼントのようなとても素敵な装丁の本書。
ここには女性小説家の妻を亡くす夫の話と、女性小説家の夫が亡くなる話がそれぞれSideAとSideBに掲載されています。
有川さんによく似た「彼女」によって書かれた2つの物語。

私が好きで追いかける作家さんは、村上由佳さんにせよ(「ダブル・ファンタジー」)、狗飼恭子さんにせよ(「薔薇の花の下」)小説家が主人公の小説を書いていて、普段は意識することないのに、一体どこまでが著者本人のことなの??と思うくらい、本人の影を作中に感じてしまう。
本書は有川さんが意図してる部分もあるけれど、実際にノンフィクションな部分も多分に盛り込んである気がしました。

きゅんとする要素もあるんですが、それよりも相手を思う深い愛情に触れられて胸が締め付けられるような作品でした。
SideAの手紙なんて、有川さんから旦那様へのラブレターじゃないですか、ほとんど。伝えたいことを本に載せて届けるという、小説家にしかできない愛情表現、なんて風に感じたりして。

深い愛情や感謝が感じられると同時に、有川さんの強い憤りも本書にぶつけられているように感じました。
問題を先送りにする家族、批判を振りかざす無遠慮な人々、理不尽な運命。読んでいてこちらまで悔しく、イライラさせられたほど。

それでも総合的には夫婦の愛に心が温かくほぐされた1冊でした。生涯の伴侶となる人が一番の味方、ってなんて頼もしいことでしょうね。

結婚の最大のメリットは精神的に支え合える相手が常にそばにいることだ。 (p53)

★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


1.ストーリー・セラー 有川浩

ストーリー・セラー著者:有川 浩販売元:新潮社発売日:2010-08-20おすすめ度:クチコミを見るオススメ! 小説家と、彼女を支える夫を襲ったあまりにも過酷な運命。極限の決断を求め ...


2.『ストーリー・セラー』/有川浩 ◎

この原稿を書くために、物語を思い出すだけで、涙ぐむ。 とてもじゃないが、まともな文章は書けそうにない。 一晩おいてみたけれど、無駄な足掻きなのはわかっている。  私にとっ…



4.有川浩/「ストーリー・セラー」/新潮社刊

有川浩さんの「ストーリー・セラー」。 最高に自分好みの小説を書く彼女を妻にした彼。彼女の紡ぐ物語が大好きで、彼女に作家という 職業を勧めたのも彼だった。そして、作家にな…


5.「ストーリー・セラー」有川浩

このままずっと小説を書き続けるか、あるいは……。 小説家と、彼女を支える夫を突然襲った、あまりにも過酷な運命。 極限の選択を求められた彼女は、 今まで最高の読者でいてくれ…


「ストーリー・セラー」 有吉 浩” への10件のコメント

  1. こんにちは^^
    素敵なお話でしたよね。
    読み終えてから心が空白になるって分かります。
    私もそんな感じでした。
    え、フィクション・・・だよね?っていう^^;
    お互いを思いやり支え合う姿って素敵ですよね。
    この作品はベタ甘とは違いますが夫婦の絆を強く感じました。

  2. こんばんはー^^
    旦那様とのこの関係性はノンフィクション部分多めでしょっ とすごく素敵だなあと感じたんですが、有川さんや彼女の小説への誹謗中傷もほんとにあった話だったんですね。
    有川ファンには周知の事実かもしれないんですが、びっくりでした・・・(http://www.kadokawa.co.jp/company/news/index.html?id=108)
    こんな風な関係性を私も築けるようになりたいなぁ。。。

  3. yocoさん、こんばんは(^^)。
    どこまでがフィクションで、どこまでが本当なのか。
    読み終えて、そう考えたのも一瞬でした。
    その一瞬後に、物語の強さに引き戻され、〈どちらでもいいから、この夫婦の愛が報われたらいい〉と願ってやまなくなりました。
    装丁からも、〈物語売りの矜持〉を感じる一冊でしたね。

  4. こんばんは^^
    ほんとに何が本当なのか、ときょとんとするけど、どっちでもいいから二人の幸せが長く続きますように、と思いますね。
    物語を生み出すことだけでなく、ちゃんと読み手を意識しているのが(そして一番の読み手が旦那様だというのが)読者としては嬉しいですよね。
    装丁も本当に素敵で・・・。メッセージがたくさん詰まった1冊でしたね。

  5. 遅くなってすみません;;;

    本当に。読み終わって、一呼吸置いた後に読み返す、そんな作品でしたね。どこまでがフィクションで、どこまでが・・・と、つい考えてしまいます。知りたい気持ちは抑えられません(笑)
    とても切ない物語でしたが、夫婦の深い愛情を感じられる、そして感情を大きく揺さぶられる作品でした。実は衝撃が大きすぎて、有川作品で唯一、再読していない小説です^_^;

  6. イエイエイエ(;w;)
    なんというか、重たいは重たいですよね。有川作品の中では珍しく。
    最愛の人の死が取り上げられてるかなのか、私も再読はしなさそうです。
    とはいえ、いろんなメッセージを込めて書かれたこの作品が世に出てよかったなぁとも思う読めてよかった1冊でした。
    今は、図書館戦争シリーズの中身を忘れたころに再読してきゅんきゅんしまくるのが楽しみで仕方ないです(*´▽`*)笑

  7. 主人公と旦那さんの関係は、やっぱり有川さんご本人と旦那さんの関係が反映
    されているのかなぁと勘ぐりたくなってしまいますよねー。あとがきとかでたまに
    出て来る旦那さん像に、なんとなく重なるものがありますし。
    深い愛情で結ばれている二人なだけに、待ち受ける運命の残酷さが
    胸に堪えました。
    重いですが、素敵な作品でしたね。

  8. 小説を書くのは、魂を削る行為なんて言われたりもするし、作家を象る何かしらの要素はきっと入り混じっているんでしょうね。
    思わず主人公の心境を想像しちゃうとずしんときますが、やっぱり最期まで連れ添ってくれる人がいて、信頼できる人がそばにいることの心強さを感じずにはいられませんね。ほんと重いけれど読めてよかったです。

  9. こんばんは、こちらの記事からトラックバックが毎度送られていたとのことで、大変失礼いたしました。
    記事を確認して、トラックバック先のURLを削除しました。
    確認したところ、もしかすると、トラックバックが上手く送信完了しないままになっていたのが原因かもしれませんが、修正しましたので、もしまだ引き続き送られるようであれば、教えていただけたらと思います。
    すみませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。