「アルジャーノンに花束を」  ダニエル・キイス

32歳になっても幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイ・ゴードン。
そんな彼に、夢のような話が舞いこんだ。大学の偉い先生が頭をよくしてくれるというのだ。
この申し出にとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に、連日検査を受けることに。
やがて手術により、チャーリイは天才に変貌したが・・・超知能を手に入れた青年の愛と憎しみ、喜びと孤独を通して人間の心の真実に迫る。

再読です。
基本的に本を読み返すことが少ないです。なので、読んだ本を手元に置くことがあまりない。
けど、何度でも読みたくなる本、何度読んでもいい本というのが一定数あって、これもその1冊です。

初めて読んだのは高校生の頃。
まだ学生の自分には本は高くてなかなか買えない高級品で、いつかこの本を自分で買えるようになりたいと思ったのを覚えています。最近やけにこの本が頭によぎり、本屋さんで見かけたので購入し、久々に再読しました。

結果、再び号泣。
うまく言葉にできないけど、当時読んだ時はチャーリィ本人のことにばかり目がいっていたけど、知的障害の子を持つ親や兄弟の話にも深く触れられていたんですね。
私ももっと頭がよくなれたらいいのに!と思うことがしばしばあるから、チャーリィの気持ちはよくわかる。
とはいえ、チャーリィの場合はそう思った根底には母親がいて、頭がよくなること=周りを喜ばせること であったと思うから、私とは違うかもしれないけど。

人は良くも悪くも同じレベルの人としか会話できない一面があるかもしれない。もちろん挨拶をしたり簡単な会話はするだろうけど、知的レベルに大きな開きがあると同列に話をすることはできないように思います。
とはいえ、それが人間的に同列ではないということにはならない。ここが重要なところで、日本における障害福祉の父として知られる糸賀一雄氏も、「この子らを世の光に」と述べていて、「この子ら」こそが知的障害の子たちなんですよね。
ともすれば、「この子ら”に”世の光を」となってしまいがちなところを、そうではなく無垢で一生懸命な彼らは決して保護するだけの存在ではなく、社会を輝かせる一助になると言うんですよね。
そんな素晴らしい思想を持つ人が同じ日本人にいたことを誇りに思うし、この本を読んで改めてそのことを思い出しました。

確かにチャーリィは馬鹿にされていたかもしれないけど、同時にすごく愛されてもいたんですよね。
頭がすごく良くなると、ともすると”無自覚”に相手に理解できない話をしてしまったり、そんなこともわからないのかと相手を見下してしまったりするのかも。
しかも無自覚かどうかなんて周りから見たらわからないから、相当嫌な奴ですよね。

なんていうか、今でも頭はよくなりたいけど、今の自分で今のままで自分にできることをコツコツしていこうと思わせてくれる、勇気をくれる1冊でもありました。
ずっと本棚に置いておいて、また読みたい。

★★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。