「楽園のカンヴァス」 原田 マハ

ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。
持ち主は正しく真贋判定した者にこの絵を譲ると告げ、手がかりとなる謎の古書を読ませる。
リミットは7日間。ライバルは日本人研究者・早川織絵。ルソーとピカソ、二人の天才がカンヴァスに籠めた想いとは――。
山本周五郎賞受賞作。

ずっと読みたいと思っていたこの小説。
やっと読めたのですが、まさかこんなにも面白いとは・・・。
興奮がなかなか冷めやらない感じです。
稀代の画家アンリ・ルソーを巡る謎に包まれた物語で、好奇心を刺激されて続きが気になり、珍しく職場で昼休みにも本に手が伸びてしまったくらい。

今回初読みの作家である原田マハさんは、自身もキュレーターとして活躍されていた方とのことで、美術界について造詣が深く、それでいて専門的なこともわかりやすく書かれていたため絵画に疎い私でもすんなり読み進めることができました。
表紙にルソーの「夢」を載せてくれていたのも助かりました。ほかの絵画についても頭でどんな絵かぱっと浮かんだらもっと楽しめただろうけど、「夢」さえわかれば読み進めるのに支障はないです。
読んでる最中カバーを眺めては、これが「夢」か・・・と何度確かめたことか。

絵画については詳しくないものの、鑑賞するのは好きです。
自分の好きな絵を手元に置いて眺めていたい、というコレクターの気持ちもわからないではないです。
でも、画家に、作品に、どこまでも想いを馳せる登場人物たちのあつい情熱に触れて、これほどまでにか、と身震いしました。
そんな視点で絵画を眺めたことはなかったけれど、きっと読書についても同じことなんですよね。
本当に好きだと作家自身にまで興味が沸くし、たとえ世間に評価されていなくても大好きなものは大好きだし、絶対にいいものだと確信してる。

そう考えると、絵画についても同じように楽しめたら、随分と感性を豊かに自分の引き出しを増やせそう。
いつか、家に絵画を飾れるような人、それを楽しめる人になりたいです。

それはさておき、物語としてもものすごく楽しめる小説で、読み終わった後に甘く余韻が残ります。
図書館で借りて読んだのですが、これはもう一度読みたくなったら今度は買うこと間違いなしです。すごくお勧め。

それから作中で登場した絵画について、頭に浮かばないものも多くて調べようとしたら、一覧にまとめてあるものを発見。
すばらしい。読み終わってから登場した絵画を見るとまた感慨深いものがありました。

★★★★★

アートを理解する、ということは、この世界を理解する、ということ。
アートを愛する、ということは、この世界を愛する、ということ。
いくらアートが好きだからって、美術館や画集で作品だけを見ていればいいというもんじゃないだろう?
ほんとうにアートが好きならば、君が生きているこの世界をみつめ、感じて、愛することが大切なんだよ。
 (p158)

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


1.『楽園のカンヴァス』 原田マハ

17日~19日。 初、原田マハさん。 この作品が、直木賞候補作になってたから、 図書館で予約してて、ようやく読むことができた。 これ、面白かった!! 2000年、倉敷の大原…


「楽園のカンヴァス」 原田 マハ” への2件のコメント

  1. yocoさん、ご無沙汰しております!

    出張やら残業続きやらでまたしばらくブログ更新ができず、、、
    今度こそ復活しますので(何度言った事か!笑)またヨロシクお願いします*^^*

    この作品、ずーっと気になりつつもまだ読めていない本です。
    でも!yocoさんのレビューを拝見して、俄然購入意欲が湧いてきました!
    私も絵画はそれほど詳しくないですが、鑑賞するのは大好きです。
    美術館の静謐な空間が好きだというのもあります^^

    yocoさんの評価も高いですし、是非読んでみようと思います~♪
    素敵な作品のご紹介、ありがとうございます!!

  2. nanacoさん、ご無沙汰してます!
    私も年度末と年度始めの忙しさを乗り越えたら燃え尽きちゃって、しばらく本も読めずにいました・・・w
    でも振り返ると自分、わりと3ヶ月スパンで燃え尽きやすい傾向が見えてきたりして、うまく調整できるようになりたいところです(==
    nanacoさんも忙しかったのですね!でもやっぱりなんだかんだでマイペースでいいと思いますよ^^ 私もマイペースでゆるーくやります。笑

    この作品、めっちゃおもしろいですよ!おすすめです!
    個人的には好きでした。美術館の空気、いいですよね。
    著名な画家が、、、とか歴史が、、、とかあまりわからないのですが、それでも楽しめるものは確実にありますよね。
    機会があったらぜひぜひ~♪ 
    感想楽しみにしています^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。