「億男」 川村 元気

大泉洋さん(俳優)
「あまり本を読まない私が久しぶりに一気に読んだ。億という金をいきなり手にした男はどうなってしまうのか。金と人間の生々しい話を聞かされながら何度も涙が溢れた。これは子を持つ親にはたまらない物語だ。読後、いきなり娘を抱きしめ怒られた。責任を取れ川村元気」

宝くじで3億円が当たった、図書館司書の物語。
弟の借金を肩代わりして昼も夜も働き続けた人物が、一夜にして大金を手にする。
果たして彼はその大金と、今後の人生とどう向き合うのか―。

もしも、3億円当たったら。
すごく嬉しい!あれも買える、これも買える!と、思った後で、私もきっとすごく怖くなる。
それはやっぱり分不相応なお金と感じてしまうから。
普段私たちが生きている社会ではお金の存在はすごく大きくて、富める人でも貧しい人でもお金に振り回されずに生きることはすごく難しいように感じています。
だからこそ、この本のテーマである「お金と幸せの答え」について、とても興味深く読ませてもらいました。

お金が私たちの多くにとってすごく大きい存在でありながら、お金について真剣に学び、向き合っている人がどれだけいるでしょうか。
お金のことをよく考えながらも、それに囚われることなく、自由でいる。そんな生き方が理想です。
本書でも繰り返し出てきますが、チャップリンの残した「人生に必要なもの。それは勇気と想像力と、ほんの少しのお金さ」という言葉が本書を読み終えた後はより心に残ります。

お金を貯めること、使うこと、増やすことについては日々考えますが、
お金が人にもたらしてくれるもの。
お金が人から奪うもの。
そんなことに目を向けさせて、考える時間をくれる本書は今の私にとっては貴重なものでした。
それに、誰かと共有することで手に入る幸せ、生きる原動力となる欲、については改めて感じ入るものがありました。

お金は人を試しますが、信用をきちんと築ける人でありたいと思いました。

ちなみに本書はKindleで読みました。
邦書をKindleで読むのは初めて。案外悪くない読み心地。
本を読んでいるというよりは、情報を得ているという感覚ですが。
何がいいって、値段は大して変わらないけど、やっぱり重くないこと。物が増えないこと。
気に入った本はやっぱり本として手元に置きたいけど、1クリックですぐに情報が入手できるなんて、すごい時代になったものだとしみじみ感動した次第です。

「確かに欲は人間を狂わせる。でもそれと同時に私たちを生かしている」 (p2265)

★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。