「武道館」  朝井 リョウ

【正しい選択】なんて、この世にない。

結成当時から、「武道館ライブ」を合言葉に活動してきた女性アイドルグループ「NEXT YOU」
独自のスタイルで行う握手会や、売上ランキングに入るための販売戦略、一曲につき二つのパターンがある振付など、さまざまな手段で人気と知名度をあげ、一歩ずつ目標に近づいていく。
しかし、注目が集まるにしたがって、望まない種類の視線も彼女たちに向けられる。

「人って、人の幸せな姿を見たいのか、不幸を見たいのか、どっちなんだろう」
「アイドルを応援してくれてる人って、多分、どっちもあるんだろうね」

『ASAYAN』に熱中したつんく♂さん好きの著者が描いたのは、武道館を目指して駆け抜けたアイドルグループの物語。
炎上、白熱、恋愛禁止、卒業・・・今の時代を色濃く切り取った1冊でした。

楽しみに購入した朝井さんの新刊です。
AKBをはじめアイドルファン以外の人にもアイドルが随分身近に感じられる時代になりました。

「アイドルはトイレに行かない」なんて言葉がちょっぴり通用しちゃうような偶像としてのアイドルから、今は夢に向かって頑張る等身大の存在としてのアイドルへとアイドル像が変化していく過渡期なのかもしれないですね。
もちろん前者みたいなアイドルを求める人は消えないのだろうけれど、ずっと若くはないのだから、少女としてだけではなく人間として愛されることも必要なんでしょうね。

これだけSNSも普及した中で、求められる姿をすべて演出するのには限界もあるでしょうに、それでも真摯に応えようとすればプライベートを犠牲にせずにはいられないはず。頑張っているのに磨り減っていくるりが痛いたしくも切ない。
公私混同しないことは仕事の原則ですが、アイドルのように明確に公私の線引きがしづらいと、しんどくなることもあるでしょうね。アイドルだって恋愛してもいいじゃない、ね。

さて、本書もまた物語の大筋とは別にざらっと心に残ることがいくつかありました。
時代を切り取ったこの小説が示す今の時代は、無料でいろいろなものが手に入れられるようになった時代、炎上や膨大な情報をスルーするスキルが磨かれる時代です。受身でいると、周りのものとの距離感が一定になってくるという指摘はまさにそのとおりだと思います。
よく、「本は買って読まないと身にならない」なんて言いますが、やっぱり自分で選び取って入手したものへは思い入れが大きくなるし、愛情もまた同様。

ただ流されていると、大事なものが見えなくなっちゃうよ、という警告にも感じます。
選ばなくてもいろいろなものが手に入るけど、自分で選んで、選んだものを正解にしていく生き方をしたいし、愛子のように自分の選択に胸を張って生きられたら素敵ですよね。

恋愛をしちゃいけないことも、大学に行けないことも、「アイドルなんだから」というものの前では理不尽にも当然のように扱われて、私はそんなところに違和感を覚えるけれど、アイドルが放つ夢に向かうパワーには勇気をもらえるし、最後のシーンもとても感動的でした。

私は武道館に行ったことがないけど、「人は、人の幸せが見たいんだって、そう思わせてくれる場所」なんて表現できる場所があるなら、心から行ってみたいものです。
アイドルを消費する人、悩めるアイドルに向けては明確なメッセージを持って、それ以外の人にはこの時代を伝えるエンターテイメントとして楽しめる1冊だったと思います。

「お金を払うって、自分が何を欲しがってるのか、自分が何だったら満足するのか、すげえ考えるしすげえ選ぶってことじゃん。
金も払わないで、何でもある中から手に取り続けてたらさ、そりゃ、自分がどんなヤツかってわかんなくなるよ。
金払わなかったら、期待外れのモンでも、まあいいかってなっちゃうし。めっちゃ良かったモンでも、ラッキー、くらいだし。どっちも同じくらいの距離にあるっつうか」  (p124)

★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


1.武道館 朝井リョウ

武道館著者:朝井 リョウ文藝春秋(2015-04-24)販売元:Amazon.co.jp 【正しい選択】なんて、この世にない。 結成当時から、「武道館ライブ」を合言葉に活動してきた女性アイドルグループ ...


2.武道館(朝井リョウ)

「きた!」 タイトルを見た瞬間、そう思ったのでした。なんかね、上手くいえないけど、これは私的にすっごくすっごく読みたかった1冊という感じです。もちろん、朝井さんで、ってこ…


「武道館」  朝井 リョウ” への4件のコメント

  1. こんばんは^^
    面白かったですねぇ。今の時代の世相をまさにあらわしていて恐怖すら感じました^^;
    昔のアイドルは雲の上の尊い存在で、それが身近になったのは悪くはないと思うのですが、SNSが普及して24時間誰かに監視されている今の環境は大変だと思います。
    ご本人が賛否両論あると思うとおっしゃっていましたが、アイドルを好きな人にも、アイドル自身にも読んでほしいなと思いました^^

  2. こんばんは~!
    ほんとおもしろく読めました。買いに行ってよかったですw
    ほんとにアイドルが随分身近な存在になりましたよね。
    ネットリテラシーなんかが最近はよく叫ばれますけど、著名人の場合自分が変な発信しなくても常に監視の目に晒されてるから大変というか。。。有名税なんて言葉もありますが、そうは言ってもねぇ。。という感じです。
    どんな関係もそうですが、アイドルとファンという関係でも互いに人間同士っていうのを認識できるのがいちばんですよね。ほんと、たくさんのアイドルの手に渡ってほしいですね^^

  3. 面白かったですね。
    と同時に、アイドルとして”当然”だと、様々な要求に答えなきゃいけなかったりする姿に痛々しさや切なさも感じました。ネットのお陰で、以前よりもずっと身近になったアイドルに嬉しさを感じつつも、これでいいのかな?と不安みたいなものも感じた作品でした。

  4. こんばんは~。おもしろかったですよね、ほんとに!
    私たちが何となく頭に描く“アイドル像”みたいなものに対して、それを忠実に再現しよう、なりきろう、とするとどうしても痛々しくなってしまって切ないですよね。
    仕事だしプロ意識を持って当然、という気持ちもある一方でまだまだ遊びたい盛りだろうに・・・と違和感、、というか心配になる気持ちもあったり、これだけ「アイドル」と向き合う機会もそうそうなかったので新鮮でもありましたね。
    次はどんなものを切り抜いてくれるのか、すごく楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。