「ガラシャ」 宮木 あや子

明智光秀の娘として美しく成長した玉子。主君である織田信長の媒酌で、細川藤孝の子・忠興と華燭の典を挙げ、平穏な日々を送っていた。
だが、突如発生した本能寺の変。実父の犯した罪により蟄居を命じられた玉子は、幽閉先で出会った男に惹かれてしまう。
愛の何たるかも知らず妻となった女を苦しめる恋の業火――。

絶世の美女と謳われた細川ガラシャの人生を描く華麗なる戦国純愛絵巻。

激しい歴史の渦に巻き込まれ、遠い時代にタイムスリップした心があまりの切なさと苦さで痛いです。

運命に翻弄されながらも強く優しく生きたガラシャの気高さに圧倒させられます。
ガラシャに限らず、この時代に生きた人たちは生死が近く、制限が多く、幸せがとても刹那的に見えてそれだけでも苦しいくらい。心の方位磁石を持たないと正気で生き抜くことができない時代ですよね、きっと。

主君殺しという大罪を負った罪人の娘ながら一人生きながらえている罪、
産声すらあげさせることなく冷たい赤子を生んだ絶望感、
いっそ死んでしまえば、いっそ狂ってしまえたらと思いながら日々を送るガラシャの気持ちに寄り添うとこちらまで引きずり込まれてしまいそうに。

そんな暗闇の中に一筋の光となった恋や信仰、それすらも厳しい制限の中にあるんですよね。
史実ではガラシャが亡くなったのは38歳だといいます。その短い一生の中にどれほどの絶望を味わったんでしょうね。
本書の最後の章は、この本の中で唯一の救いでした。

一目会ったときからガラシャを支えると決め慕い続けた次女 “糸”の存在感も大きいです。
真っ直ぐにガラシャしか見えてなかった彼女が大人になるにつれて柔らかくなっていくのも、なんだか愛おしい。
それからやっぱり印象に残っているのはガラシャの夫、忠興。強い想いはプラスに働く分にはいいけど、マイナスに働くと危ない、といういい例ですよね。
そんな彼も母のいない喪失感を抱えながら生きてきたんですものね。

心の平安を保つのはなんて難しいんでしょうね。
気持ちの拠り所があれば、人は狂わずにいられるんでしょうかね。
本書には書かれていませんが、ガラシャの辞世の句が “ちりぬべき時知りてこそ世の中の花も花なれ人も人なれ” だと知り、また胸を打たれました。

本編からはずれますが、信長の妹、市の物語もどこかで読んでみたいし、ガラシャの物語も別の角度からも読んでみたいところです。

来た道を振り返ればそこには自らの屍があるだけだ。己の生きているのは今、このときなのだから。  (p237)

★★★☆

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


1.ガラシャ 宮木あや子

ガラシャ著者:宮木 あや子新潮社(2010-11)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 嫁いだ後にはじめての恋を知った玉子はガラシャと名を改め、異国の神に祈り続ける。彼女に献身的な愛を捧 ...


2.『ガラシャ』/宮木あや子 △

あう~。なんだろう。 宮木あや子さんといえば、ままならぬ想い、閉塞した世界にある孤独・・・といった狂おしさを描く作品が多いのですが、今回はどうもその辺が足りない。かとい…


「ガラシャ」 宮木 あや子” への4件のコメント

  1. こんばんは^^
    正直この作品を読むまで細川ガラシャが明智光秀の娘だと知りませんでした^^;この作品に出会えてよかったです。
    時代に翻弄されながらもガラシャは強く生きていましたよね。
    そして糸の存在もとても大きかったです。糸も強い女性でした。
    歴史ものを読むといろんな人物に歴史があっていろんなところに繋がりがあるのが分かるから面白いですよね。
    大河ドラマを見たり舞台を観たりして微妙に時代が繋がっていたりするとこの人はこうつながっていくのか!なんてわかると感動したりします^^
    市の物語も壮絶ですよね。私も気になります^^何か良い小説があったら教えてください!(他力本願)

  2. こんばんはー^^
    私、細川ガラシャ自体を知らなかったです。。。(なんて無知・・・(==
    なので、本当に読めてよかったです。小学生くらいの時に偉人史にはまっていろいろ読んでましたが、本当に有名どころが多くて知らない人がまだまだいっぱい。
    でも歴史人物の物語って本当におもしろいですよね。大好きです、いろんなドラマがあって。
    歴史を知るといろんな点が線になって、面になって、どんどん楽しくなってくんだろうなぁって思うし、本に限らず旅もきっともっと楽しめるようになるんだろうなぁって思うとますます自分の引き出しを増やしたいです。
    大河ドラマ見てそんな風な感触、私も味わってみたい・・・・!
    そうですね、市の物語・・・お互い見つけたら教え合いましょう。笑 といっても私、苗坊さんのところで見て気になって購入することほんと多いですがw 今回も素敵な本の紹介ありがとうございました♪

  3. こんばんは(^^)。
    ガラシャよりも侍女の糸に注目して読んでました。
    どうもガラシャはいろいろ苦悩する面がありながらも、それが通り一遍な気がして…(^_^;)。
    幽斎がガラシャのことを考えながら、女童と連れ立って歩く山道の物語が、とても素敵だったと思います。

  4. 大変遅くなりましたが、こんばんは!
    そうなんですよね、あれ主人公どっちだったっけ・・・というくらい、糸の存在感は大きいですよね。
    最初のあたりは糸もまだ幼いのに、既に芯がある真っ直ぐな女性でしたね。
    共感しやすいのは糸の方。というよりか、ガラシャの境遇に寄り添いすぎると絶望感に巻き込まれてしまいそうで。大して登場しないんですが、市のインパクトも大きい。
    ほんと、ところどころ情緒豊かな描写が素敵でしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。