「切れない糸」 坂木 司

周囲が新しい門出に沸く春、思いがけず家業のクリーニング店を継ぐことになった大学卒業間近の新井和也。
不慣れな集荷作業で預かった衣類から、数々の謎が生まれていく。同じ商店街の喫茶店・ロッキーで働く沢田直之、アイロン職人・シゲさんなど周囲の人に助けられながら失敗を重ねつつ成長していく和也。
商店街の四季と共に、人々の温かさを爽やかに描く、青春ミステリの決定版。

読んでいて、心に明かりが灯るような1冊でした。

商店街のクリーニング屋さんを舞台にした、日常ミステリーです。

著者が、“1話限りで去ってしまう使い捨ての人物や「死ねば事件だ」のような話は書きたくなかった” と発言されていたとあとがきにあるように、描かれる人物や日々のできごとに愛情が込められているのがわかります。

刊行はこちらの方が先ですが、和菓子のアンでお馴染みのあの人も登場します。それは、思いがけず親しい友人に再会したかのような嬉しさで。

私、坂木さんの描く登場人物が本当に大好きで、誰も彼もがすごく魅力的なんです。
「クリーニング屋」という仕事に少しずつ誇りを持って取り組む主人公も大好きだし、義理人情に厚いプロ職人のシゲさんも好き。そして共通するのはみんなとても優しいというところ。
著者が周りに愛されて育って、それを感謝する気持ちを常に持っていることが伝わってきて、胸が本当に温かくなります。

さて、ミステリーとしては顧客の個人情報が詰まった洋服等を集荷しながら、謎を解いていくスタイル。
クリーニング関連の豆知識も知ることができておもしろかったです。
クリーニングから戻ってきた服のビニール袋は外すこと、というのは知っていましたが、汚れたらすぐに洗えばいい、という素材ばかりでないこと等知らなかったこともたくさん。
和菓子のアンでは全国のお取り寄せが登場して楽しませてくれましたが、今回は映画が作中でいくつも紹介されます。
物語の本筋とは違うけれど、読み手には嬉しいおまけをつけてくれるのもすごく楽しめる要因の1つです。

故郷らしい故郷がない私は、こういう生まれ育った町、とか、商店街の顔なじみの関係、とかすごく憧れます。
きっと煩わしいこともあるんでしょうけれど、顔の見える関係が温かいですよね。
読み終わってタイトルを見ると、改めていいタイトルだなぁと思います。次作も、とても楽しみです。

愛されていたという記憶さえあれば、人は一人になっても生きていける。大切にされた命だとわかっていれば、暗い道で迷うこともない。わかるか? (p102)

★★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


1.切れない糸 坂木司

切れない糸 (創元クライム・クラブ)著者:坂木 司販売元:東京創元社発売日:2005-05-30おすすめ度:クチコミを見る オススメ! 東京の商店街育ちの新井和也は、大学卒業を間近にした ...


2.『切れない糸』坂木司著(東京創元社)

 仕事は相変わらず忙しい。今週は午前4時に会社を出た日が一日あった。ヤレヤレ。今日は、8時半には会社を出てきたので、余裕のよっちゃんだ。 ひと月ほど前に図書館で借りて ...


「切れない糸」 坂木 司” への4件のコメント

  1. こんばんは^^
    坂木さんの日常ミステリ好きです。
    和菓子のアンもそうでしたけど、出てくる人みんながあったかくて個性的で^m^素敵ですよね。
    クリーニングはよく利用するけどこういう形でいろんなことを知ることが出来て良かったと思いました。
    私も故郷と呼べるような環境で育ってはいないので、こういう商店街のような濃い人間関係はうっとおしそうだなと思いつつも^^;羨ましい気がします。

  2. こんばんはー^^
    これは、ほんと癒されました。
    登場人物、みんな温かくていいですよねぇ。
    親ですらうっとうしいなぁなんて時期があったくらいだから、商店街とか、おせっかいな他人とか、きっと思春期は相当煩わしく感じそうw
    でもやっぱ、帰る場所があるとか、顔の見える関係が羨ましいです。
    次は和菓子のアンにも本書にも登場する洋菓子かとれあが舞台・・・?!とか、いろいろ想像しながら、既に次作が楽しみです♪

  3. こんばんは。
    せっかくなので、以前に読んだこの本にもTBさせていただきました。
    と言いながらも、5年も前に読んだ作品なので、自分のレビューを読み返してみても、ピンとこないところがあるのが情けない限りです(苦笑)。

  4. こんばんは~^^
    私もtouchさんの感想読ませていただきましたが、2010年が5年も前だということにすごく衝撃を受けました。
    いつの間に時間がそんなに経っていたんだろう・・・
    それはさておき、私も記録を重ねていてすら忘れてしまうので、何も書いてなかったら本当に何1つ残ってないかもですね。そして、忘れていると自分のレビュー読み直してもちょっと新鮮で楽しくないですか?笑 (私だけかしら・・・笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。