「女(じぶん)を磨く 言葉の宝石」 白木 夏子

世界と日本を行き来しながら仕事をする、白木夏子氏が
そのなかで経験した大切な出来事を12の物語として紡いでいます。

ひとりでも多くの人が
「この世界も、まだまだ捨てたものじゃないな」
と、まだ見ぬ出逢いにわくわくしながら
前向きに、宝石のようにキラキラとして
生きられる気持ちを
見つけられますように。

それぞれの月の誕生石をテーマに著者が綴るエピソードは、世界中が舞台で、1つ1つの宝石の魅力がありありと伝わる素敵なお話でした。

誕生石。それぞれの宝石に対して、どんなイメージを抱くでしょうか。どんなエピソードがあるでしょうか。
そう問いかけられてもぱっと頭に浮かぶものがないのですが、白木さんはどの石に対しても愛情深く魅力的に伝えていて、思わずほうとため息をつきたくなるほど。

・ガーネットは今あるこの瞬間を大切に生きたいとき、身につけるのにとてもふさわしい石さと思う (位置No.144)

・愛と慈しみ。天から大地に降り注ぐ、優しい雨露のような石。 (位置No.169) (アメジストについて)

・真珠。黒髪となめらかなアジア人特有の肌に、控えめな印象を上品に彩る、日本人に最もよく似合う宝石。 (位置No.151)

石の魅力に引き込まれるだけでなく、そもそも石は鉱山で採られ、カットされ研磨され、どんな小さな宝石でも人の手が加わって世に出てきますが、普段は意識することのないその過程に、石が採れる世界中の産地について垣間見れることがとても新鮮でした。

小さなお子さんがいながら、今でも世界各地に趣いて、作っている人の顔を見るということを大切にされているのは、エシカルで良いジュエリーを作りたいがため。
そんな強い想いとプロ意識が本当に格好よくて。

どの章も本当に素敵ですが、一番好きなのはアメジストの章。白木さんが尊敬するお母様についてのエピソードが書かれていて、信念のある言葉が素敵で背筋が伸びつつ、世代を通して受け継がれている愛情を感じて心が温かくなりました。

マイルールと称して、ジュエリーの楽しみ方が各章の間に書かれているのも必見です。
まだ先の話にはなるけれど、40歳になる記念にHASUNAのアクセサリーを買いに行こうと決めました。

Kindleで読んだのでいつでも見返せて、大切に手元に残して置けるのが嬉しい1冊です。

「常に美しいものに触れなさい。毎日の積み重ねが血となり肉となり、年を重ねたときに、それはあなたの魅力になって出てくるでしょう」  (位置No.191)

★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。