「水曜の朝、午前三時」 蓮見 圭一

45歳の若さで逝った翻訳家で詩人の四条直美が、娘のために残した4本のテープ。
もし、あのとき、あの人と人生を歩んでいたら・・・
癌で残り寿命が短い彼女が語る、大阪万博でホステスをしていた23歳の頃の物語。


好きな作家の本を探すのもいいけど、冒険して知らない作家の本を読むのも好きです。
この本は、タイトルに惹かれて買いました。
古き、良き日本を見た気がします。
美しい日本語が使われていて、言葉がすっと心に入ってきます。

切ない、のとも違う。透き通ってるのに、どこか重い。
読み終わるとふっと息をつきたくなるような。
ラストもすごく好きでした。

「結局のところ、人は離れて暮らせないほど好き合って一緒になるんじゃなくいて、一人で年をとっていくのが怖いからそうするのかもしれないね」

★★★☆

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。