「天国はまだ遠く」 瀬尾 まいこ

仕事も人間関係もうまくいかず、毎日辛くて息が詰りそう。
23歳の千鶴は、会社を辞めて死ぬつもりだった。辿り着いた山奥の民宿で、睡眠薬を飲むのだが、死に切れなかった。
自殺を諦めた彼女は、民宿の田村さんの大雑把な優しさに癒されていく。大らかな村人や大自然に囲まれた充足した日々。

だが、千鶴は気づいてしまう、自分の居場所がここにないことに。
心にしみる清爽な旅立ちの物語。

上手くいかないことばかりで、いっぱいいっぱいの日常。
なんだか体の調子も悪いし、もう、むりだ。

追い詰められた気持ちでいっぱいの千鶴は、とうとう死ぬことを決意する。

人が死にたいと思うとき、多くの場合は「死にたい」のではなく、「もう生きていたくない」「これ以上は無理だ」といった、現実からの離脱を望んでいる気がします。
というのも、上手くいかない現実に対して、対応しうる術が思いつかない、あるいは、絶望しかないと感じてしまうから。

千鶴が行き詰まった主な原因は、職場での人間関係。
職場にいる時間は、1日の1/3を占めるし、影響力が大きいですよね。

辿りついた山奥の民宿にいる「田村さん」や、自然との触れ合いの中で、少しずつ生きる力を取り戻していく様子がとてもリアルだなぁと思っていたら、一部著者の実体験も含まれていたんですね。

読み終わった後はふっと心が楽になります。気持ちいい風が吹いた後みたいな清々しさ。
心が疲れたとき、豊かな自然や温かな人との触れ合いほど心に染み入るものはないですね。

★★★☆

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


1.天国はまだ遠く 瀬尾まいこ

天国はまだ遠く オススメ! 仕事も人間関係もうまくいかず、毎日辛くて息が詰りそう。23歳の千鶴は、会社を辞めて死ぬつもりだった。辿り着いた山奥の民宿で、睡眠薬を飲むのだが ...


「天国はまだ遠く」 瀬尾 まいこ” への2件のコメント

  1. こんばんは。
    結構前に読んだ作品なのですが覚えてます。
    頑張って生きてるのに上手くいかない千鶴の気持ちが何だか分かる気がして。
    確かに死にたいと思うときって、現実からの逃避ですよね。
    だからこの作品のように自分の生きている世界から離れるって大事だなと思います。
    千鶴はまだまだ若いんですからもったいないですよね。
    読んだのが学生の時だったので、今読み返したらまた感想が変わるかもしれないなと思いました。

  2. こんにちは~!
    ちょうど10年くらい前に読まれてたんですね・・・!
    本って、よいものは何年後に読んでも良いから、本当にいいですよね。色褪せない。
    ここ最近?低空飛行気味なので、こういった本に自然に手が伸びるんですが、暗いままで終わらず、ふっと心が軽くなれる読み心地がすごくよかったです。
    今いる場所が世界の全てではなくて、本当にうまくいかなかったら、そこから逃げたっていいんですものね。
    旅行するだけでも随分リセットできるし、普段とは違う環境に身を置くって大事だよなぁと改めて思ったところです。
    きっと今読むとまた違った感触が得られそうですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。