「負け犬の遠吠え」 酒井 順子

どんなに美人で仕事ができても、30代以上・未婚・子ナシは「女の負け犬」なのです!
そう高らかに宣言し、ユーモアを交えて鋭い分析をする自身も負け犬である酒井さんのベストセラーエッセイ。


話題になった本ですが、今さらながら読みました。
これ、めちゃくちゃ面白いです。自虐的なじめじめした感じではなく、シニカルで軽快な文章が魅力的。あまりに痛快で笑えます。
年齢的に条件には当てはまらないものの、素質としては十分負け犬体質な私。「やらないで後悔するくらいなら、やって後悔した方がいい」という言葉をよく口にする負け犬は、そもそも「やらない」という選択をすることによって、後悔せずに済んでいる人もたくさんいるということを忘れています(意訳)という下りには、言葉が胸に突き刺さって痛かったほど。知ってて見ないふりしてたのにずばっと言わないで!という感じ。

楽しい方へ好奇心たっぷりに突き進んでいく負け犬は、楽観的で人生を楽しんでますがそれ故に婚期を逃しているという現実。そうだよねえと思わず頷く部分がたくさんありました。
まだ未知なる35歳という年齢ですが、このままいくと自分もそこに辿り着くのかという境地が垣間見えて楽しいやら恐ろしいやら。
子どもがいるのと、いないのとでは生き方がまるで違ってきますよね。自分のことにたくさん時間をかけられる負け犬は確かに優雅な部分もあるけれど、自分のことだけに時間を費やすには人生はあまりにも長い。
子どもがいることだけが幸福ではもちろんないけれど、やっぱり生産性があるのは子どもがいる方だし、女として生まれたからにはとか考えてしまいますよね。

オスの負け犬の対談もなかなか面白かったです。草食系なんてもてはやされてるけれど、少子化の原因は女性だけじゃなくて男性も担ってますよね。
年齢を重ね経験値が上がるほどに賢くなったり、一人でいられる強さを手に入れたり、またその気楽さを実感していたりするが故に結婚への足取りは重くなるのもわかる気がします。

結婚してる人に聞くと、「結婚は勢いだ」なんて話も多いし、年齢とともに勢いが衰えがちになるのだからそれだけ結婚も難しくなるよねとも思います。
「負け犬なんて呼ばないで」とか「結婚したいけどできないの」とか、もやもや悩むアラサー・アラフォー必見の本だと思います。

負け犬は、生きることに汲々としなくてもいい生き物です。明日の米とか子どもの教育といったことよりも、厚手のリネンのテーブルクロスの入手方法とかクロールの美しい泳法といった、「そんなの知らなくても死なないだろう」ということにばかり、興味を持つ。  (P78)

多くの負け犬達との付き合いの中で私が感じるのは、負け犬が負け犬として存在していく上で重要な要素とは、「お得感」と「可愛気」の二点なのではないか、ということ。  (P263)

★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。