「華胥の幽夢 十二国記」 小野 不由美

再読です。十二国記の短編集。
初めて読んだ時は、長編の十二国記に慣れていたこともあって「十二分におもしろいけど、なんだか物足りない」と思っていたのに、久々に読んだらいまだに余韻が抜けないくらい夢中になりました。
強く待ち望んでこの短編集を入手したのを覚えていますが、それすらもう、10年前に刊行されたものなんですね。

改めて読んで惹きこまれた要素は、どの物語にも共通して存在する高いメッセージ性でした。十二国記は世界観も登場人物もとても魅力的ですが、それだけじゃなくこんなにも心に訴えてくるものがあるからこそ、根強い人気があるのかもしれないと思いました。

「冬栄」
大役を担っているのに、何もできない自分。
悩む泰麒の物語。廉王の温かな人柄とお言葉に心が温かくなりました。
ああそうか、なんだそんなシンプルなことなんだ、と泰麒に感情移入していたせいか涙が出そうなくらいほっとしました。

「乗月」
大逆を犯した芳国の月渓が登場します。
十二国記好きの私からすれば、知れて嬉しいサイドストーリーでした。
いろいろと救われるお話。人は、変われるものですね。

「書簡」
陽子と楽俊の文通。そしてそれぞれの生活を綴ってます。
どんな環境にいても前向きに生きることの素晴らしさを垣間見た気がします。
現状を嘆いて愚痴をこぼし合うより、二人みたいな関係が素敵だと心から思いました。

「華胥」
理想の国を目指し、正道を歩もうとした才王の物語。
とても、はっとさせられました。間違っていないことが、正しいことじゃない。
「―責難は成事にあらず」  泣きそうになりました。

「帰山」
延王と利広の友情物語。
こんな接点があったとは、と嬉しく思いながら読みました。
王になることの果てしなさを知り、改めてすごい世界だと感じました。
帰る場所があるのは、本当に大切なことだと思います。

ああ、やっぱり十二国記大好きだなと、心から思いました。
新刊が出てくれたら嬉しいなあ。

「本当に順風満帆なはずなんてないって分かってるからこそ、それでも平気だって言って、しゃんと背筋を伸ばしている様子を見ていると、私もしゃんとしよう、元気を出して頑張ろうって気になる」 <書簡>   (p192)

「非難することは誰にでもできることです。でも、ただ責めるだけで正しい道を教えてあげられないのなら、それは何も生まない。正すことは、何かを成すことだけど、非難することは何かを成すことじゃないんだって」 <華胥>  (p305)

★★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。