「時をかけるゆとり」 朝井 リョウ

あの、最年少直木賞受賞作家が、天与の観察眼を駆使し、上京の日々、バイト、夏休み、就活そして社会人生活について綴る。
「ゆとり世代」が「ゆとり世代」を見た、切なさとおかしみが炸裂する23編。

”圧倒的に無意味な読書体験”があなたを待っている!?

朝井さんのキャラがツボすぎて・・・、たくさん笑ったエッセイです。

『学生時代にやらなくてもいい20のこと』 が、文庫化されるに伴い改題されたものがこちら。
単行本のエッセイに加えて、直木賞受賞時のエッセイ3本が加わっています。
この「時をかけるゆとり」というタイトル、ものすごくいいですよね!表題と中身もぴったり!ページを開くと朝井リョウさんの楽しい年表も見れます。

さて、帯には「圧倒的に無意味な読書体験」なんて書いてありますが、本書を読めば朝井さんの人柄が伝わる、ファンには嬉しい1冊となっております。

小4から毎日日記を書き続けているという習慣のたまものか、物書きとしての才覚か、現実を俯瞰しているかのような客観的な視点が常にあって、非常に興味深く感じました。

全体的にこのエッセイはコミカルで、随分と笑わせてもらいました。朝井さんのキャラがまたよくて。
特に笑ってお気に入りなのは、美容師の章。小説なら登場人物をどうとでも書けるでしょうが、エッセイで自分自身をここまでコミカルに書けるのは、もはや才能ですね。

内容としてはゆとり学生の笑いあり涙ありのリア充な生活であって、特別なことが書かれてるわけではないのだけどやっぱり面白い。朝井さんの文章も読みやすくて大好きです。
ところでゆとり世代の人と遊びに行くといつも思うのですが、今の子って自撮りがすごく多いですよねw
ものすごく写真を撮る気がする。本書を読んで、ああやっぱり朝井さんもゆとり世代なのだなあと変なところでしみじみ。

コミカルで楽しい1冊でしたが、ちょっぴりしんみりした気持ちにさせる直木賞受賞時のエッセイもまた読み応えがあって最高でした。単行本は既読、という人にもぜひ読んで欲しいですね。

★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。