【FP3級】お金を運用する、ということ。

覚えられない「6つの係数」

6つの科目の1つである「ライフプランニングと資金計画」には、資金計画を立てるさいの6つの係数というものが出てきます。

「現在の金額を複利で運用した場合の一定期間後の金額」とか、「数年後に一定金額に達するために、毎年積み立てるべき金額」などを出すための係数なのですが・・・
お金を運用する、という発想自体、私にとってすごく馴染みのないものでした。

そんなものは、お金持ちの人がするものだと思っていたし、何かほしいものがあればコツコツお金を貯めて手に入れていたのですが、視線をすこし遠くにおくと視野が広がりますね。

さて、一気に6つの係数を載せてみます。

終値係数

正直なところ、読んでも読んでも頭に全然入らないので、図にしてみました。
文字より図解の方がイメージがつきやすくて、目に焼き付く。

例)100万円を年利2%で運用した場合の5年後の金額はいくらか?


・最終的にいくら必要か、だから「終」価係数。

現価係数

例)年利2%で5年後に100万円を用意するためには、元本がいくら必要か?


・現在いくら必要か、だから「現」価係数。

年金終価係数

例)年利2%、毎年20万円を5年間積み立てた場合の5年後の金額はいくら?


・最終的にいくら必要か、だから「終」価係数だけど、積立と出たら年金終価係数。

減債基金係数

例)年利2%、5年後に100万円を用意するためには、毎年いくら積みたてる必要があるか?


・積立と出たら年金終価係数か、減債基金係数。教育資金のために毎月いくら積みたてていけばいい?とイメージ。

資本回収係数

例)100万円を年利2%で運用しながら5年間で取り崩した場合の毎年の受取額はいくらか?


・退職金の一部を運用しながら毎月受け取り、とイメージ。

年金現価係数

例)5年間にわたって20万円ずつ受け取る場合、年利が2%のとき、必要な元本はいくらか?


・老後の資産計画にもよさそう。

まとめ

自分がわかりやすいイメージで図解化したら、ようやく頭に入った気がします。

車がほしい、教育資金を貯めたい、老後の資産計画をしたい、など大きなお金を時間をかけて動かすとき、これらの係数が役立つように思います。
いつか自分の資金計画でこれらの係数を使ってみたい。

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。