「藤原主義―強く、美しい人になる61のヒント」 藤原 紀香

再読です。
前に進みたいけど、弱気になってしまう時に読みます。
素顔の紀香さんが、ご自身の失敗エピソードやモットーを書き綴っています。

意識が高くて、自分磨きも怠らない。
失敗しても常に自分を高めようとする姿勢に、とても刺激を受けます。
「よし、私もがんばろう」と、気張りすぎずに元気になれます。

総合してとくに素敵だなと思い、私も意識しようと思うのは・・・
季節の匂いを敏感に感じ、四季の変化が連れてくる自然の彩りのなかで、日々小さなことでも感動できるような人間でいること
ふいに現れる情報にいつも敏感に、自分できちんとアンテナを立てること
シンプルな基本を忘れずに、なりたいボディを目指して小さな工夫から始めること
(実際に献立例も載ってます)

「藤原主義」からの引用では、
・反省しても後悔はしない
・美しいマナーは美しい人生の始まり
・今の実力よりも高い何かに挑戦する
・たった一度の人生であることを忘れない
・テレを捨てることは成功への近道
・自分流の幸せを見つける

自分が選んだ道ならば、やがてそれが最高の道になる。
「Never give up」の精神で進んで、自分が頑張っていればまたナンバー1の夢にも手が届くと思う。  (p66)

★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。