「絶望がやがて癒されるまで―精神科医が語るこころの処方箋」 町沢 静夫

純粋ゆえに、真面目ゆえに、抱えこんでしまう哀しみ、不安、孤独は、柔らかな思考と感性でくぐり抜けられる。
臨床精神科医が数々の治療実践をもとに解明する。

巻末に吉本ばなな氏との対談を特別収録。

絶望に悩むすべての人へ

去年の秋は、どうしても気持ちが落ち込んで、何も手につかない苦しい日々を送っていました。
その時期、縋るように繰り返し読んだのがこの本です。
精神科医が語る「絶望とは」そして、絶望と向き合ってきた歴史上の人物の話、吉本ばななさんとの対談まで幅広く書かれています。

第一に、絶望に陥っているのは君だけじゃない、というシンプルなメッセージ。
絶望というのは非常に主観的なもので、同じ境遇でもへっちゃらな人もいれば、人生の終わりのように感じる人もいる。
そんな絶望ですが、深い絶望と向き合ってきた歴史上の人物(芥川龍之介やキェルケゴール、フランクルなど)の話は非常に興味深いものでした。

私にとって絶望というのは、極寒の地に一人で立ち尽くすイメージです。
心を強く対処法を身につけているならば、ある程度防寒具を着るかの如く自分を守れますが、備えのない人間にとっては裸で雪の上に立っているようなもの。体力が尽きたら死んじゃいます。
そこで人に相談して重荷を背負ってもらったり、気分を転換したり、というのももちろん絶望回避の手法の1つですが、本質的に絶望を乗り越える、ということができたなら、それは自分の人生を根底から掘り起こし、新しい人生に目を見開かせる大いなる転機になる、と述べていることに勇気づけられます。

実際のところ、臭いものにはフタをするように、辛い気持ちを紛らせる方がずっと楽だけど、とことん向き合うことで得られるものも多いと感じています。
まだまだ弱いからすごく消耗してしまうけど。

本書は絶望しているすべての人におすすめしたいけど、吉本ばななさんファンにもお勧めです。
なぜなら、吉本ばななさんの対談が掲載されているから。
吉本ばななさんはここで、

「人間が苦悩や絶望にあっても、どこかに救いがあるんだ。その救いをみつける試みのない小説を私は書きたくない。
やはりささやかなものであれ、そこに生きる希望を残すメッセージを送り出せる小説を書きたい」

と述べていて、ああだから彼女の小説はあんなにもやさしいんだ、とすごくしっくりきました。

しばらく本棚に入れておいて、辛くなったらまた読もう。

自分の幸、不幸を分けるのは、その人の想像力であり、自分の運命を必然と考えるかどうかも、自由なその人の思考力にあると考えるのです。
そしてそれを打ち破ろうとする力、つまり襲ってくる運命をどう考え、どう打ち破ろうとするのか、と能動的に運命に闘いを挑むところに人間の実存の本質があるのだと考えるのです。 (p73)

★★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。