「クジラの彼」 有川 浩

『浮上したら漁火がきれいだったので送ります』。
それが2ヶ月ぶりのメールだった。

彼女が出会った彼は潜水艦(クジラ)乗り。
ふたりの恋の前には、いつも大きな海が横たわる ――有川浩がおくる制服ラブコメ短編集!

自衛官だって、恋をする。

久々の有川さん。
自衛官が登場する、有川さんワールド全開のベタ甘な短編集でした。

有川さんの描くツンデレ女性×要所要所でカッコイイ男性は相変わらず甘くて、ちょっぴり泣けて、最高でした。

読み始めてすぐにしまった、と思ったのは、6つの短編集のうちいくつかは、未読の自衛隊シリーズのスピンオフだと気付いたから。
自衛隊シリーズと名高い「海の底」や「空の中」を読んでから読むべきでした。未読でも支障はなかったけれど。
読了後は、冬原やら夏木やら魅力的な登場人物に、自衛隊シリーズへの関心が高まるばかり。

さて、本書に書かれた6つの短編は以下のとおり。
「クジラの彼」
「ロールアウト」
「国防レンアイ」
「有能な彼女」
「脱柵エレジー」
「ファイターパイロットの君」

どれもこれもよかったですが、一番のお気に入りは「有能な彼女」
夏木と望の不器用ながらお似合いカップルに、思わずきゅんと。二人が結ばれてよかった。
有川さんの恋愛もの、ふいな告白とか、包容とか、きゅんとするポイントは多々あるんですが、何より登場人物の一途な様に焦がれます。

そして甘いだけじゃなくて、ちょっと厳しさも含んでるのがまたいいスパイスなんですよね。
「脱柵エレジー」にも書かれてるような、自分に酔ったような恋愛、結構あるあるかもしれない。特に若かりし頃。

実際のところ、国の有時には真っ先に前線に立ち、普段から訓練を重ねる自衛官との恋愛は、なかなかにハードルが高いものでしょうね。
覚悟を決めて結婚をしてすら、辛いことはあるだろうけど、恋愛真っ最中になかなか会えない、というのはいかに寂しく辛いか想像に難くないです。
だからこそ、それを乗り越えて結ばれた人たちが幸せであってほしいと思います。

楽しく読めた1冊でした。

「離れて壊れないって保証はお互い不可能だろうけど、少なくとも俺は俺のせいで壊れたときにお前のせいには絶対しない」 (p159)

★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


1.『クジラの彼』/有川浩 ◎

水無月・Rのイチオシ作家さん、読んだら即萌え!!のたうち回ってもだえてしまう、素晴らしい作家さんですよ!!この作品のスバラシさときたら、30後半のダルダル主婦が、家族に不審…


2.「クジラの彼」有川浩

クジラの彼 (角川文庫)posted with ヨメレバ有川 浩 角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-06-23 AmazonKindle楽天ブックスhonto 丸善&ジュンク堂 図書館 【内容情報】(「BOOK」デー…


3.クジラの彼 有川浩

クジラの彼 オススメ! 『クジラの彼』 聡子の彼は海自の潜水艦乗り。会えないときは数ヶ月、連絡が途絶える。自分は彼女でいていいのか。不安になる。 『ロールアウト』 航空設 ...


「クジラの彼」 有川 浩” への8件のコメント

  1. yocoさん、こんばんは(^^)。
    トラックバックさせていただく際に、自分の記事読み直して、恥ずかしくなりました(笑)。
    でも、遠慮なくトラックバックさせて頂いちゃいました(^_^;)。
    なんせ10年近く前の記事なんで、お許しくださいませ。
    自衛隊3部作は、未読でいらっしゃいましたか。
    いえいえ、短編集が先でも大丈夫ですよ~!
    とにかく、この「クジラの彼」は、「じれったい愛」が炸裂しまくりで、ホントに身悶えしましたねぇ。6編どれも、章タイトルを聞けば、いまだに覚えてますもの。
    3部作(といっても全然別のお話です)の方も、お時間がある時に是非。

  2. yocoさん、こんばんは!

    『クジラの彼』いいですよねぇ~
    有川さんの描く恋愛は、女の子がみんなカッコ良くて、
    男の人は包容力があって・・・素敵だな~って思います*^^*

    自衛隊三部作未読なんですね、是非是非オススメいたします!
    「海の底」も「空の中」も、本当にキャラが立っていて面白いです。
    あ、私「塩の街」だけはどうも苦手だったのですが(笑)

    久々に有川さんの糖分が恋しくなってきちゃいました♪

  3. 水無月さん、こんばんは~^^
    読まれたの10年くらい前なんですね!
    というか、刊行されてそんなに経ってたなんて・・・!読もう読もうと思ってるうちに、どうやら月日が随分流れていた様子。。笑;
    ちなみに私も印象に残ってる本は、細かいところまでは無理でもやっぱり頭の片隅に残ってますよー(*´▽`*)

    クジラの彼、ほんとじれったかったですねぇ。笑
    というか、冬原の恋に落ちる瞬間を読者に見せるっていうのがまた最高でした。
    自衛隊シリーズ、どこから読んでいいかわからず調べるのを後回しにしている、というのがそもそも手に取るのが遅くなってる原因の1つでもありますが、今年中には読もうと思います♫

    • yocoさん、おはようございます(^^)。
      トラックバック、文字化けしちゃいましたね(^_^;)。
      なんでだろう・・・。
      もしよかったら、もう一回トラックバックしてみてもらえませんか?
      今度は文字化けしないかもしれませんので…。

      ちなみに、自衛隊三部作、どれから読んでもOKですが、デビュー作『塩の街』よりも『海の底』『空の中』の方が読みやすいかなという気がします。私は『空の中』で有川作品にはまりました~♪

      • 水無月さん、こんばんは^^
        トラックバックもう1回送ったのですが、特に変化なかったです。。。Orz
        重複して送られないようにしてあるのか、再送信しても特に修正されないままで化けております。。
        なんだか、すみません。

        自衛隊3部作、どれからでも大丈夫ですか!
        それはいい話を聞きました(*´▽`*)
        早速入手できたところから読んでいきたいと思います♫ ありがとうございます^^

  4. nanacoさん、こんばんは~^^
    nanacoさんも読まれてたのですね♫
    そうなんですよ、女性がまずカッコイイ。なよっとしてなくて、真っ直ぐで。
    漢気あったりもして、一途だし・・・理想です。
    男性も、ここぞ、という時に一番カッコよくてもう、たまらないですよねぇ(*´▽`*)

    そうなんです、自衛隊3部作、読もう読もうと思いつつ、まだ未読なのですよー。
    塩の街はこの短編集にも出てこなかったし、まったく想像がつきませんw
    有川さんの本は、ほんと糖分がほしい!って時に最高ですよね。
    疲れたときのチョコレート並に元気になります♫

  5. こんばんは。
    私も水無月さんと同じく10年近く前に読んだ本なので今読み返したらすんごい恥ずかしくなりました^^;
    それでも覚えてますよ!!
    特に「海の底」と「空の中」に関連した作品は印象深いです。私もこの本を読んだとき、「空の中」は未読だったんですよね。
    ぜひとも「海の底」は読んでいただきたいです^^
    有川さんお得意の自衛官シリーズの最新作がまた出てくれないかなと思いました。

  6. 苗坊さん、こんばんはー^^
    すっかり遅い時間になってしまった∑
    苗坊さんも10年くらい前に読まれてたのですね・・・!そして図書館戦争とかって、それよりも前なんですね。いやはや、びっくり。。。
    おすすめは「海の底」なんですね・・・!このシリーズは図書館に普通にあった気がするので、借りてきたいと思います♫ 
    自衛官シリーズもいいですし、有川さんは選ぶ題材というか舞台がコアなところなので、次はどんな世界を見せてくれるんだろう、っていうのも楽しみだったりします。
    同じ時代に生きてて嬉しい限りです(*´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。