「年収150万円で僕らは自由に生きていく」 イケダ ハヤト

お金がなくても人と人が直接つながれば、できることはたくさんあります。
今やソーシャルメディアを使いながら、年収150万円でも幸せに生きることが可能になってきているのです。
年収と幸せは比例しません。お金の呪縛を解きましょう。

本書は、高度経済成長もバブル経済も知らない86世代の著者が書いた「“脱”お金のススメ」。

お金の呪縛から、解き放たれよう

昨年は年商2,000万円だというプロブロガーのイケダハヤトさん。
彼のブログを読み始めたのが最近なので、貪欲に稼いでいくイメージがありましたが、昔はかなり節約もしていた時代があったそうです。
そんな時代のことが書いてあるのかと思いきや、思っていた内容とは違いますが、思っていた以上におもしろかったです。

イケダハヤトさんは大きく括れば同年代ですが、私たちの世代は「ガツガツ稼いで休みなし」みたいな生き方に少し懐疑的な気がしてます。
だからこそ、ある程度の収入と、家族と過ごす時間があれば十分でしょ、という考えには共感します。

一方で、本書で問われているような「年収が半分でも、今の仕事を選ぶか?」という問には頷けません。
今ならイケダさんも実感しているかと思いますが、お金はあるに越したことはないと思ってます。
お金があることでできることはたくさんあります。
ですが、私も「お金のためだけに働く」というのは少し残念だと思っていて、その指標として「宝くじが当たっても今の仕事をしていたいか?」という問いかけを自分にしています。
そうして転職を繰り返し、やっと「それでもやりたい」という仕事に就くことができました。

それから「そのとおり」と思ったのが、これからは年功序列、退職したら年金で優雅に暮らす、なんていう世界はないということ。
退職後も収入を得るスキルを身につけるという、出口戦略がこれからは求められていると感じています。

他にも会社以外のところに繋がりをつくろう、意義を持って仕事をしようといった主張にも共感。
イケダさんは「世の中に価値がある情報が埋もれている」という現状にサイを投げかけています。軸がブレない人は強いですね。

変に悲観的になることも、楽観的になることもなく、適度に楽しく考えさせてもらえる1冊で、読めてよかったです。
知らなかったサービスも山ほど紹介されていて、気になるものをこれから1つ1つチェックしていこうと思います。

不器用で屈折しているかもしれませんが、自由を売ってまで月給をもらうなら、不安定でも貧乏でも、僕は自分の人生になるべく多くの裁量を持っていたいと考えます。 (p29)

★★★☆

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。