「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち」 三上 延

北鎌倉で古くから営まれる古本屋、「ビブリア古書堂」
膨大な本の知識を持つ店長は、超絶人見知りの若い女性。
彼女の本に対する情熱が、古書にまつわる謎と秘密を解き明かす。


本屋大賞ノミネート作品。
本屋で平積みにされていたり、レジ横でおすすめされていたりするのをよく目にしていたんですが、何故かアンテナが立たず。
どうやら作中で古書を取り上げているらしいけれど、読んだことのない本ばかりだったというのも興味を持てなかった理由かも。
でも、ブロガーさんたちの評判もいいし・・・偏見を持たずに読んでみよう、と思って購入。

やっぱり、話題になる本というのは、それなりに理由があるんですね。
思っていた以上によかったです。
淡々としているけれど軽すぎず苦みがあって、ミステリー要素もあり。
ミステリーを期待して読むほどじゃないけれど、ライトノベルよりは読みごたえがある。

最初は主人公の体質とか、栞子さんのキャラとか、いまいち肌に馴染まなかったんですが、慣れると気にならないですね。むしろ栞子さんをかわいらしく感じたり。
北鎌倉の風情溢れる街並みも好き。
どの連作短編もいいんですが、3話目は最高。ものすごくよかったです。
短編ごとに日々の小さな謎が解き明かされ、シリーズを通して登場人物にまつわる様々な謎が明かされる。
これから楽しみなシリーズになりました。

紹介されている本も、栞子さんが楽しそうに話すのを聞くと読みたくなりますね。
既に2巻も購入済み。わくわく。

★★★★☆

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。