「流星の絆」 東野 圭吾

流星を見に家を抜け出した、ちいさな3兄妹。
家に着いた兄が目にしたのは、惨殺された両親の姿だった。

それから14年。3人は力を合わせ、時に詐欺を働きながら懸命に生きてきた。
今度のターゲットはあの男だ。
―― 「兄貴、妹(あいつ)は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」


普段あまりドラマを見ない私ですが「流星の絆」は、わりとよく見ていました。
配役も内容も良くて、ついつい気付くとテレビの前に座ってました。
東野作品の映像化は外れが少ない気がします。

ドラマでも印象的なシーンはいくつかあったのですが、犯人などの記憶がおぼろげ。ラストを見ていないのかも。
それならそれで都合がいいや、ということで原作を読んだのですが、一気読みしてしまうくらいおもしろかったです。
設定がまず魅力的。人物像も好き。ドラマを見ていたせいもあって、脳内再生は、ばっちり二宮くん、亮くん、戸田さんでした。なんて適役。

騙す側にまわるか、騙される側にまわるか。
その二択を選ばざるを得ないと思ってしまった環境が切ない。
そして、兄二人の妹に対する何よりも深い愛情に思わず涙しました。

物語は綺麗に終わりますが、現実は綺麗なだけじゃ済まされない。行動することによって生じる責任や影響は必ず存在する。
これからも彼らには困難が待ち受けているだろうけれど、「流星の絆」がある限り、どんなものでも越えていけそうな気がする。
切ないけれど温かい、素敵な物語でした。

★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。