「永遠の仔」 天童 荒太

幼い頃の秘密を抱えた3人の若者が、再会した。
彼らが出会ったのは<動物園>と囁かれる、とある病院の児童精神科だった。
17年前の事件とは?今は看護師、弁護士、そして警察官として生きる彼らの過去と現在を追う。


これは、現代の生存者(サバイバー)たちの物語です。
性的虐待、育児放棄、劣等感など、私たちの心を苛むものが溢れる世の中で、心や身体に深い傷を負いながらも懸命に生きてきた者たちの軌跡が描かれていました。
読んでいて目が離せなかったのは、登場人物たちがあまりにも儚く危なげだったからかもしれない。
ラストは、ボロボロと涙が止まらないくらいに泣きました。

「報われない」という言葉が浮かぶ一方で、同じくらい強く「報われた」という思いが浮かびました。壮大な物語の全てが、1つに繋がった瞬間でもありました。
深い傷はただでさえ癒えにくいのに、治療することなくフタをすれば膿んでしまうのは当然のこと。それでも、生きるためにそうするしか道がなかったことが、すごく悲しい。
フタをしてたはずの傷や感情が、時に暴走し望まぬ行動を起こしてしまう。思い通りに生きれない自分への絶望感はどれほどだったろう。

心に傷を抱える人たちは、誰もが自尊心を持てずにいる。
本当に心の底から生きれずにいる。もがいて苦しんでいるのに、救われない。自分が生きている価値に悩みもするでしょう。
だけど岸川さんが言っていたように、自分を認め受け入れてくれる人がいるということで、自分が生きていてもいいんだと思える。
それこそが、暗い闇から抜け出せる光なのかもしれない。

親になっても、誰もが「きちんとした大人」になれるわけでもなく、介護が必要な頃になれば再び子どもに戻る。実は世界は、子どもで溢れているのかもしれない。
子どもはすごく弱い。けれど、子どもは皆、純粋な優しさを持っている気がします。大切な相手を守りたくても、愛したくても、時にその方法を誤ってしまうこともある。
それでも、大切な人を受け入れ、自分も受け入れられて生きていけたら、それはとても素敵なことなんじゃないかと、心から思えました。
心揺さぶられる、大作でした。

「怖いだろうし、自分への嫌悪にも耐えなきゃいけないし、すごく勇気の要ることだけど、支えになってくれそうな人に、すべてを話して、受け入れてもらって・・・・・
こちらも、同じようにして、相手を支えられるようになったら・・・・・
つらいことばかりの人生にも、意味が感じられるようになるかもしれない」  (p283)

★★★★☆

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。