2016年の予算を見直しました。

15年の決算をもとに、16年の予算を見直しました。

先日ようやく15年の決算を作り終えました。(「2015年の決算を出したよ。」
そこで初めて自分の年間の収支というものを知ったんですよね。

金額で言うと、年間の支出額は約205万円でした。

厳密に言うと特別費以外の賞与からの支出は別管理なので、実質もっと使っているんですが・・・。
この数字を見て、正直、「え、こんなに使ってるの・・・?」と思った自分。

節約をしているわけではないし、他人と比べるものでもないのにショックを受けたのは、単純に自分の収入に対して支出があまりにも多かったから。

月々家計簿をつけて収入の範囲内でやれているし、一応毎月貯金もしている。
だからある程度管理できていると思っていたら、実際のところはあまり把握できていなかったんです。
毎月予算を立てた積み上げ方式ではなくて、年間の予算を立てて月毎に落とし込んでいく。
そもそも、そういった視点が大事なんじゃないかと改めて気づかされた次第です。

年間の支出額を見てみます。


去年の予算、実績、今年の予算を抽出してみました。
去年は年間で予算なんて発想がなかったので、月ごとの予算を12倍。
同じように今年の月ごとの予算を積み上げていったら去年を大きく上回る額が出てきてびっくりしました・・・。
「収入の範囲内で毎月の支出がちょっと増えた」くらいの軽い認識でいたので、そのままいったらまた決算でショックを受けてるところでした。あぶない。

去年と大きく違うのが、まず車のローン!
家の車を買い換えました。といっても中古ですが。
前からどうにかしたいなぁとは思っていたのですが、先日高速道路のパーキングで止まって動かなくなったという恐ろしい体験をしたので即買い替え。
お金は一括で支払っているのですが、何分予算を組んでもいない支出だったので後から組み込んでます。
残りは賞与から。

そして去年は家計簿にも決算にも組み込んでいた「投資信託」ですが、そもそも単純な支出というわけでもないからカウントしないでおこう。と、16年からは除くことにしました。
15年の秋から始めたばかりなので、大して違いはないんですけどね。


それから、決算の平均支出額を踏まえながら、変動費の見直しを行いました。
車のローンもあるし、年間の支出額が15年と同じくらいであればとりあえずいいかなぁと。あまり現実離れした数値を掲げても苦しいだけだし、そもそも苦しむために管理をしているのではないのでね。

見直した結果の、月ごとの予算がこちら。


左がもともとの28年予算。
右が今回見直したもの。

美容費などがっつり削ってます。
予算を多めにとって意識を高めたい気持ちもありましたが、お金をかけないと何もできないわけでは決してないので、言い訳しないで頑張ろうと思います。

こんな風に変動費を削ったりしながら、予算上は昨年と同程度の支出になるよう計画を立てれました。
意識すれば意識するほど見直すところがたくさんあって、お金の管理は奥が深いです。
逆に言えば、意識していなかったころの方が支出は多いのに、衝動買いも多かったし何に使ったかよくわからないままお金がなくなってた気がします。
今だって1円単位で厳密、なんてことは全くないけれど、全体像が見える分不安が軽減されていいですね。

2016年はこんな感じでやっていきたいと思います。

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。