「校閲ガール ア・ラ・モード」 宮木あや子

入社して2年目、ファッション誌への異動を夢見て苦手な文芸書の校閲原稿に向かい合う日々を過ごす悦子。
そして明るく一直線な彼女の周りには、個性豊かな仕事仲間もたくさん。
悦子の同期で、帰国子女のファッション誌編集者、
これまた同期の東大出身カタブツ文芸編集者、
校閲部同僚でよきアドバイスをくれる、グレーゾーン(オネエ系)のお洒落男子、
悦子の天敵(!?)のテキトー編集男、
エリンギに似ている校閲部の部長、
なぜか悦子を気に入るベテラン作家、などなど、
彼ら彼女らも、日々の仕事の悩みや、驚くべき過去があって……。
読むと元気が出るワーキングエンタメ!

心待ちにしてました!

かわいくポップな表紙で、校閲ガール再び!
期待を一切裏切らないおもしろさでした。
前作を読んでるときから、続編を読みたい!と思っていたので本書を目にしたときから、読みたくてうずうずしていました。ただし、今回の主人公は悦子ではなく、周囲の人たち。

見ているだけで爽快で楽しくなる悦子に劣らず、周りの人たちのキャラも個性的なので読んでいて楽しいんですよね。
それに、知れば知るほど新たな一面が見えてきて。
基本的にギャップ萌えしやすいので、貝塚なんてツボですね。チャラいけど実は真面目、とか、最高にカッコイイ!
彼の作家に対する想いに、胸が温かくなりますね。
地味でも読んでいてほんわり心が温まる作品を、編集者の方にはどんどん世に出して欲しいです。

器用な森尾が本当にやりたいことに力を尽くすのも、これまた個性的な彼をこよなく愛する藤岩も、家族を大事にする素直な米岡も、どの章もよかったですね。
ある種の型のようなものを打ち破って進む爽快さは、前作と変わらずで読んでいて元気が出ます。

それに、有森樹李の名前が出てきてちょっぴりにやり。あとはセレモニー黒真珠って、タイトルは知っているのですが読んでいたらもっと楽しめたのに!と思うと臍を噛む思いです。
単に登場するだけなので読んでいなかったからどうということはないのですが、著者がファンを喜ばしてくれるこういう仕掛けに反応できるとより楽しさが増す気がしています。

おまけマンガでは、またまた次に期待をさせてくれる中身で、きっと再び続編があるはず、と信じながら楽しみに待っていたいと思います。

「忙しいって言い訳は、すべてのチャンスを駄目にしますよ」 (p144)

★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


1.校閲ガール ア・ラ・モード(宮木あや子)

「校閲ガール」の第二弾。・・・というよりも、スピンオフ短編集って感じかな。


2.校閲ガール ア・ラ・モード 宮木あや子

校閲ガール ア・ラ・モード著者:宮木 あや子KADOKAWA/角川書店(2015-12-18)販売元:Amazon.co.jp 憧れのファッション雑誌の編集者を夢見て、総合出版社・景凡社に就職した河野悦子。 しかし ...


3.『校閲ガール ア・ラ・モード』/宮木あや子 ◎

本編に関しても、色々書きたいことはあるんですが…。 何はともあれ、声を大にして伝えたい・・・! 木崎の出演、ありがとうございます、宮木あや子さん!!! いやもう、木崎が出…


「校閲ガール ア・ラ・モード」 宮木あや子” への6件のコメント

  1. 私も続編を待っていたので読めて嬉しかったです!
    悦子に負けず劣らずな個性的な面々で、編集者の仕事内容と共に、興味深く読めました。面白かったですね~。
    続編もありそうなので、今からとても楽しみです♪

  2. すずなさん、こんばんは~♬
    何を隠そう、私は続編の存在をすずなさんのブログで知りましたw
    読むと元気になるし、どんどん続編出して!という気持ちです。笑
    それに個性的な面々で読んでいて楽しいんですが、欲を言えば悦子の話ももっと読みたい!でも周りの人たちの話ももっと読みたい!と読みたいだらけで困ります。
    次はどんなお話しになるんでしょうね。楽しみに待たせてもらうこととします^^

  3. こんにちは^^
    いやー面白かったですね。1冊目から悦子も個性的ですけど周りの人たちも個性的だなぁと思っていたので。脇役たちの想いも読むことが出来て良かったです。
    特に米岡の印象が強かったかなぁ。
    でも1番衝撃的だったのは部長の話でした^^;ドラマのような展開にびっくり…。
    まだまだ書けそうな感じなので^m^次回作にも期待ですね。

  4. 苗坊さん、こんばんは~♫
    ええ、ほんとおもしろかったですよ・・・!続編うれしい!
    キャラもポップで個性的で、どの人も大好きです。読んでて楽しい。
    ただ、まさかこんなラインアップだとは思ってませんでしたけどね・・・w
    部長もなかなかすごい話ですよね。そしてちょっと重たい要素が混じるのがまた宮木さんぽいというか。というか、普通にドラマ化しても面白そうですよね。うーん・・続編も楽しみ(*´▽`*)

  5. yocoさん、こんにちは(^^)。
    楽しかったですねぇ♪
    校閲ガール・悦子「の周りの人たちって、ホントに個性的ですよね。
    特に、エリンギ部長の過去については、もうホントビックリ・・・!
    すてきなオジサマだと分かったので、ちょっとファンになりました(笑)。

    『セレモニー黒真珠』、未読でいらっしゃいましたか。
    ふふふふ・・・、水無月・Rイチオシのトホホ属性眼鏡美男子・木崎(本作にも1ページほど出演)が、スンバラシイですよ!是非!是非!お読みくださいませ!!

  6. 水無月さん、こんにちは~♪
    ほーんとに、楽しかったですね!
    本を手に取る前からわくわくして、読んでても楽しくて、とにかくよくぞ続編を出してくれた!と両手をあげて喜びました。
    だからどうか、更なる続編も…!

    セレモニー黒真珠はそうなのですよ~いまだに読んでおらずで。水無月さんは木崎タイプがお好きなんですね!私も色白眼鏡男子は好きですよっ。
    エリンギ部長もそうですが、この続編それぞれのメンバーの意外な一面が見えてそれもまた楽しかったです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。