「スタートライン」 小川糸 他

彼の浮気に気づいた花嫁、急に大人になった少女、別れ話をされた女、妻を置いて旅に出た男…。
何かが終わっても「始まり」は再びやってくる。

「変わりたい」「やり直したい」と思った瞬間、それがあなたのスタートライン。
恋の予感、家族の再生、衝撃の出会い、人生の再出発―。
日常に訪れる小さな“始まり”の場面を掬った、希望に溢れる掌編集。

ひさしぶりのアンソロジーです。

19人の作家による始まりをめぐる19の物語。

アンソロジーはあまり手にしないので、久しぶりのアンソロジー。
1篇ずつが短くてあっという間に終わってしまうのですが、こういうところでないと出会えない作家さんも多くて、宝探しのような楽しさがありました。

同じテーマでも捉え方や描き方はまちまちでおもしろい。
印象に残っているのは、
宮木 あや子さんの「会心幕張」
万城目 学さんの「魔コごろし」
小川 糸さんの「パパミルク」

終わりがあって、始まりがあって、
日常はこんな風に物語で溢れてるんだろうなぁと愛しい気持ちになりました。

何でも、始めるのは気安いもんなんや。そやけど、何かを終わりにするゆうのは、ほんま難しいなぁ。  (p215)

★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。