「ハケンアニメ」 辻村深月

伝説の天才アニメ監督王子千晴が、9年ぶりに挑む『運命戦線リデルライト』。
プロデューサー有科香屋子が渾身の願いを込めて口説いた作品だ。
同じクールには、期待の新人監督・斎藤瞳と人気プロデューサー行城理が組む『サウンドバック 奏の石』もオンエアされる。
ネットで話題のアニメーター、舞台探訪で観光の活性化を期待する公務員…。

誰かの熱意が、各人の思惑が、次から次へと謎を呼び、新たな事件を起こす!

これがお勧めでなく、何がオススメか。

まだ、じーんと余韻が残っていて、目頭が熱いです。
文句なしの最高傑作。読めて幸せでした。

ハケンアニメは派遣アニメじゃない、というのは知っていました。が、具体的にどういうことなのか、というのは本書を読んで知るところでした。

読んでいて胸が熱くなるし、涙がこみ上げてくるし、その涙がまた熱い。仕事に誇りを持って働く人たちの姿があまりにも尊くて。

アニメ業界といえば、ものすごくタフでないと乗り切れないハードな現場で、夢を糧に生き抜くイメージでした。
実際に描かれているのも壮絶な現場で、いわゆる時間給で働く職種ではないんですよね。何日も寝てないなんて描写が度々出てきますが、それなのに本書は全然重苦しさや暗さがない。

狭い業界ならではの苦労も見え隠れするけど、読んでいてこんなにも泣きたくなるのは、愛を持って仕事をしているのがありありと伝わるから。誇りを持って仕事をしている人って、なんて、格好いいんでしょうね。
ハードな現場だからこそ、誇りや愛情なしには乗り切れないという一面はあるかもしれません。
でも、自らその道を選び取って進む人たちがすごく輝いていて、感動しっぱなしでした。

さて、アニメと言えば私もあまり見る方ではないですが、「コードギアス 反逆のルルーシュ」には随分はまって泣いたりしたものです。
アニメがある人生もまた、本がある人生と同様に豊かなものでしょうね。

ところで本書は、登場する人物もまた魅力的でキャラが立っているんです。物語の終盤近くにも新たに魅力的な人物が登場したかと思えば、思いもよらない相関図に驚いてみたり。どの人の素敵で好きですが、なんだかんだで一番好きなのは王子でしょうか。
ちょっぴり前途多難ですが、お似合いな二人が結ばれたらいいなあ。本当にいい物語でした。おすすめ。

心の中に大事に思ってるものがあれば、それがアニメでも、アイドルでも、溺れそうな時にしがみつけるものを持つ人は幸せなはずだ。  (p105)

★★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


1.『ハケンアニメ!』/辻村美月 ◎

いや~、すッッごく、面白かったッ!! アニメは結構好きですが(でも全然詳しくない)、読み始めるまで、タイトルの『ハケンアニメ!』のハケンは「派遣」だと思ってました(笑)…


2.ハケンアニメ! 辻村深月

ハケンアニメ!著者:辻村 深月マガジンハウス(2014-08-22)販売元:Amazon.co.jp オススメ! 伝説の天才アニメ監督王子千晴が、9年ぶりに挑む『運命戦線リデルライト』。プロデューサー有科 ...


「ハケンアニメ」 辻村深月” への4件のコメント

  1. yocoさん、こんばんは(^^)。
    すっごく、熱い物語でしたよね!
    もうホント、面白くて面白くて、夢中になって読んでました。
    王子のトホホ加減は、私も大好きです♪
    アニメに関わる人たちは、総じて「愛の人たち」とのことで、最近アニメを観るときは心して観るようにしています(笑)。

  2. こんばんは。
    私も最高傑作だと思ってます^^この本を読んだ年のベスト10に入ってます!
    何かのオタクの人はきっと好きになる作品だと思いました。
    私が好きなものも←アニメもいまだに偏見の目がありますよね。
    この作品の中でもそういう人が出てきましたけど、でも好きなものがあるって幸せなことですよね。周りにどう思われようと好きなものは好き。好きなものに出会えて幸せ!とこの本を読んで改めて思いました。
    yocoさんが抜粋された文章は私も抜粋しました。
    実際に私は救われた場面が今までたくさんあったので、王子の言葉に涙しました。本当に読んでよかったです。

  3. 水無月さん、おはようございます^^
    すっごく熱かったです!まさかここまでとは・・・!
    本当に面白くて面白くて、読んでいて幸せで仕方なかったです。
    読めてすごく嬉しいですよ(;ω;`)
    王子、あんなにイケメンで才能もあるのに、あのトホホぷりは笑えましたねw
    なんだかんだでいい子だなぁと思う王子ですが、まさかパパママも登場するとは。しかもこの二人もまた素敵で・・・
    愛の人、というあの記述、読んでいて心に染み込むようでしたね。アニメを見るときに、この本を読む前と後では見え方が随分違いそうです。

  4. 苗坊さん、おはようございます^^
    私も間違いなく、最高傑作だと思います!既に私も今年読んだベスト本に入ることが確定しています。笑
    そうなんですよね、読んでいて理解されづらい「好きなもの」を持つすべての人へのラブレターかと思いました。「自分の好きという気持ち」をまるごと肯定してくれて、救われるし、どれだけ勇気づけられるか。
    周りに理解されなくても、好きなものがあることは、本当に嵐の中の浮き輪みたいなものでもあるし、原動力でもあるし、そういうものがあるということが幸せですよね。
    王子の言葉はほんと胸を打ちますよね・・・思い出してもうるうるきそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。