「29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた」 ITTIN

誰もが気になる将来のお金の不安。
働きながらあれこれ模索し、本当に目標の「20代で資産2000万円」を達成した著者だから語れるお金のこと。

巷ではおっさん疑惑のある著者が等身大で語る、人生のお金について。

大事なことだから、考えよう。

癒しを求めて彷徨った2軒目の本屋で購入。
欲しかったこの本を見つけた時点で、疲れが軽減しました。ありがたい。

本書は、若いながらも堅実さに定評のある「独身一人暮らし女だからこれからどうやって生き抜いていくか考えるブログ」を運営されているITTINさん初の著書です。

書かれているのはブログ同様、「これからのこと、きちんと考えて動いてみたよ」というITTINさんが辿ってきた軌跡。
タイトルにあるとおり、29歳で2000万円。ものすごいですよね。
確かに、ITTINさんの収入は平均年収より多いし、支出は平均より少ない。
ですが、ここまで資産を築けた理由は単純に収入の多さや支出の少なさからではなく、「しっかりと考えてきたから」だとわかります。
はっきり言って、考え始めるのが早ければ早いほど有利です。だからこそ、この本は「考える」ための最初の1歩としてお勧めです。貰える年金は少なくなりそう・・・等あんまり暗い未来は考えたくないですが、何事も備えあれば憂いなしです。

本書でいちばん好きなのは、資金を築く目的がきちんと明確なところ。
何かあったときの備えに、ここぞというときに使えるように、と「お金を貯めること」自体が目的ではないのが共感できます。
それから作ってみたいと思ったのが「ほしい物リスト」
作ろう作ろうと思いつつ、未だに後回しになっていたんですが、本書を読んでモチベーションが上がりました。
欲しいものを我慢するのではなく、欲しいもののために積み立てるという考え方が好きです。

本書でも繰り返し書かれていますが、投資自体はしてもしなくてもいいと思います。ですが、投資をしないことのリスクも把握しておくといいのでしょうね。
知らないことで損をすることってたくさんあります。

細かい点で違いはあるものの、基本的な資産形成の姿勢は似ている気がして、読んでいて共感することが多かったです。
情報収集はとても大事だけど、同じくらい大事なのは自分の頭で考えて、自分にとってのベストを見つけることだと改めて思いました。良書です。

手に入れるまでの過程を楽しむのも「楽しいお買い物の方法」の1つなのです。
積立を始めたその瞬間から、ワクワクを楽しむことができるのです。
そうして手に入れたモノは愛着もわくし、長く使いますし、大事にします。  (p108)

★★★★☆

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。