「島はぼくらと」 辻村深月

島で暮らす同級生の4人。
島に高校がないため、4人はフェリーで本土に通う。
「幻の脚本」の謎、未婚の母の涙、Iターン青年の後悔、
島を背負う大人たちの覚悟、そして、自らの淡い恋心。
故郷を巣立つ前に知った大切なこと――すべてが詰まった傑作書き下ろし長編。

こんな景色が広がっているとは、思ってもみなかった。

美しいなあ。。。と何度も思いながら読みました。
舞台は、瀬戸内海に浮かぶ冴島。

母と祖母の女三代で暮らす、伸びやかな少女、朱里。
美人で気が強く、どこか醒めた網元の一人娘、衣花。
父のロハスに巻き込まれ、東京から連れてこられた源樹。
熱心な演劇部員なのに、思うように練習に出られない新。
島でたった4人の仲間。強い結びつきが強いです。

同じ日本でありながら、まるで違う環境の冴島。
中学を卒業したら、高校は島の外に通うしかない。
さらに高校を卒業後は、島に残るか、島を出るか選ばないといけない。
別れは、どんな世代にとっても辛いものですが、離れても繋がっている何かを拠り所にすることはできるのでしょうね。

冴島は、Iターンの人、特にはシングルマザーを積極的に受け入れる施策をとっていますが、すばらしいセーフティネットだと思います。
調べてみたら、島根県邑南町が似たような取り組みをしているんですね。シングルマザーは貧困リスクが高いし、生きづらさを抱きやすいから、責めるのではなく、受け入れる社会があってもいいと思います。
ただ、夫の浮気で離婚してシングルマザーになった人と、自分が不倫してシングルマザーになった人では軋轢が生じてしまうのも容易に想像できるし、難しいものですね。。

全体的に重苦しさはなく、むしろ希望に満ちた若者たちのキラキラした輝きが胸に残るようです。若者にのみ焦点を当てず、大人をしっかり描いているのも印象的でした。
何事もいい面があり、悪い面があり、その背景には歴史がある。そのことを尊ぶ姿勢が大切ですよね。
それから、作中に出てくる幻の脚本、すごく素敵ですよね。なんというか、全体から漂う祈りにも似た希望こそが、この本の美しさの正体なんでしょうね。
多くの世代に読まれて欲しい1冊でした。

好きなことを続けるためには、好きじゃないこともたくさんやっといた方がいいよ。たとえ、それが無駄に思えるにしろ。いずれ、感謝する時もくるかもしれないから。 (p311)

★★★★☆

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


1.島はぼくらと 辻村深月

島はぼくらと著者:辻村 深月講談社(2013-06-05)販売元:Amazon.co.jp オススメ! 直木賞受賞、第一作。待望の書き下ろし長編。 母と祖母の女三代で暮らす、伸びやかな少女、朱里。 美人 ...


「島はぼくらと」 辻村深月” への2件のコメント

  1. こんばんは^^
    この作品、私もとても好きです。
    辻村さんが実際に島で暮らす島民にインタビューを行い、生まれた作品だと聞きました。島に高校がないため、15歳までしか一緒にいられないことが分かっているから母子手帳に子供の事を書き留めているなど島民のお母さんの愛情が伝わってきて切ないけど素敵だなと思ったりしました。
    この物語に登場する4人は個性的だけどみんなとてもいい子ですよね。将来バラバラになってしまっても、きっとこの4人は繋がり続けるんだろうなと思いました。
    島根県邑南町の取り組みは以前テレビで見たことがあります。ちゃんと仕事をあっせんしてくれるし、周りの人たちがみんな家族のように接していて素晴らしい場所だなと思いました。

  2. 苗坊さん、こんばんは~♪
    いい作品ですよね、こちら^^ 私もすごく好きです。
    丁寧にインタビューして生まれた1冊なんですね。実際にこんな風なところがあるなんて、想像したこともなかったなぁ。。15歳って、ものすごく若いですよね。
    ほんとに短い間だけど、その分精一杯の愛情をかけて育てたんだろうし、子どもたちにもそれは十分に伝わるんでしょうね。愛情の橋渡しをしてくれる母子手帳もすばらしい。
    苗坊さんも邑南町の取り組みご存知でしたか!
    無縁社会なんて言われて久しいけど、顔見知りの人が身近にたくさんいる社会っていうのは、もちろん煩わしいときもあるだろうけど、やっぱり温かくていいなぁって思います。
    辻村さんの本、読めば読むほど好きになるし、読めてホント幸せです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。