「夜と霧 新版」 ヴィクトール・E・フランクル

「言語を絶する感動」と評され、人間の偉大と悲惨をあますところなく描いた本書は、
日本をはじめ世界的なロングセラーとして600万を超える読者に読みつがれ、現在にいたっている。
原著の初版は1947年、日本語版の初版は1956年。その後著者は、1977年に新たに手を加えた改訂版を出版した。

世代を超えて読みつがれたいとの願いから生まれたこの新版は、
原著1977年版にもとづき、新しく翻訳したものである。

私とは、私たちの住む社会とは、歴史とは、そして人間とは何か。
20世紀を代表する作品を、ここに新たにお送りする。

もし、苦しみの中にいるのなら、ぜひこの本を手にしてほしい。

再読です。
といっても、以前読んだのは旧版。大学生の頃でした。
強制収容所における人間の在り方について精神科医であり、心理学者でもあるE.フランクルが書いた本書は、あまりにも有名ですが、私の人生における読めてよかった本ベスト10に間違いなく入る1冊です。

貪るように、読みました。
初めて読んだときは、強制収容所の凄まじい境遇にショックを受けて、背筋が凍る思いでした。
今でも、あってはならないことだったと思っています。
それでも今回は、そんな中においても人間として最後まで良心を保った人がいたということの、人間の尊さと強さにこそ、むしろ目がいきました。

人間というのは環境に左右される生きものだけど、圧倒的不利な境遇を乗り越えて前に進んできた前人の存在から、環境が100%その人のあり方を決めるのではないことを私は知っています。
本書は、読み進めていくと「人間の魂は結局、環境によっていやおうなく規定される」と一見思えるかもしれないけれど、実際のところ語られているのは、「たったひとつ、あたえられた環境でいかにふるまうかという人間としての最後の自由だけは奪えない」ということです。
これは、ものすごいことです。
なにせ、これだけ劣悪な環境においても魂の自由を守り抜いた人たちがいたのです。

注目すべきは、私たちの心の内面です。
一体、絶望の中で生きることを投げ出してしまった人たちと、最後まで生き抜いた人たちの心のあり方はどんな風に違ったのでしょうか。
ここでは、人間を精神的に奮い立たせるには、まず未来に目的を持つこと、すなわち、未来を信じられることが必要と述べています。自分のためでも、誰かのためでも、何かのためでも、未来に目的がある人間は「なぜ」生きるのかがわかっている。だからこそ、どんな境遇でも心を強く持てるのだと。
何もそれがあれば無敵というわけではないけれど、暗闇の中の一筋の光となって、前に進む力をくれるのでしょうね。

再読にもかかわらず、すべてを消化できていません。
苦しいときにこそ、再び読みたい。
フランクル医師が理性と医師としての使命感でもってこの苦しみを乗り越えたように、私もここに綴られた貴重なエッセンスを余すことなく心に染み込ませ、公私ともに活かしていきたいと思いました。

彼は収容所に入って間もないころ、天と契約を結んだ。
つまり、自分が苦しみ、死ぬなら、代わりに愛する人間には苦しみに満ちた死をまぬがれさせてほしい、と願ったのだ。この男にとって、苦しむことも死ぬことも意味のないものではなく、犠牲としてのこよなく深い意味に満たされていた。  (No.1650)

★★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


「夜と霧 新版」 ヴィクトール・E・フランクル” への2件のコメント

  1. yocoさん、ご無沙汰しております!
    仕事が鬼のように立て込んでいて、なかなかゆっくりPCを開く時間もありませんでした^^;
    しばらくしたら新人さんも入ってくるので、研修やら何やらで4月も忙しくなりそうです。

    『夜と霧』積んであります。
    yocoさんのレビューを拝見して、読むのが楽しみになりました!!
    内容が内容だけに、少し読むのが怖い気持ちもありますが
    yocoさんの文句なしの5つ☆につられて、近々挑戦してしまいそうです(笑)

    それと、過去記事の『島はぼくらと』も積読♪
    こちらも読むのが楽しみだな~~*^^*

  2. nanacoさん、お久しぶりです・・!
    私も最近仕事に追われてて、夢にまで出てきます^^;
    新人さん入ってくるということは、いろいろ教えたり何なりですね。
    うちも4月には新人さん入ってきますが、どんな人やら楽しみですw
    ついついお菓子と本に散財してる今日この頃ですが、少しは自粛しようと思ってます;
    お互い、頑張りどころですね・・・!

    そして、「夜と霧」。積まれてるんですね!
    なかなかに重たく、私も初めて読んだときは本当にとにかくショックが大きくて。
    でもでも、これは絶対読んだ方がいい1冊ですよ・・!
    悲惨で壮絶、という話でなくて、確かに状況はそうなんですけど、人間の底力みたいなものを感じられます。文句なしの☆5つです^^

    『島はぼくらと』もよいですよ~♪
    栞紐も、綺麗なブルーで見た目も美しい1冊なんです。
    私も積本いっぱいで、嬉しいやら急かされるやら。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。