「はるがいったら」 飛鳥井千砂

両親が離婚し、離れて暮らす姉弟。
完璧主義の姉・園は、仕事もプライベートも自己管理を徹底しているが、婚約者のいる幼なじみと不毛な恋愛を続けている。
体が弱く冷めた性格の弟・行は、寝たきりの愛犬・ハルの介護をしながら高校に通い、進路に悩む。

行が入院し、ハルの介護を交代した園。
そんな二人に転機が訪れ―。

第18回 小説すばる新人賞受賞

犬が好きな人なら、泣いてしまうかも。

久しぶりの飛鳥井さん。
こちらは第18回小説すばる新人賞受賞作なんですね。
毎回感じる「わかるよわかる」というこの感じ。わかるからこそチクッと胸が痛いところもあれば、なんだか懐かしく思えるところもあって、改めて好きだなあと思いました。

物語の中心は、完璧主義な姉と病弱な弟、そして老犬ハル。
描かれているのは何気ない日常なんですが、飛鳥井さんの瑞々しい感性でもって切り取られた世界は、何だかかけがえのない大切な日々に映ります。
写真を見ても、小説を読んでも感じることですが、「ああ、この人には世界がこんな風に見えているんだな」という感動がこみ上げてきます。

登場人物でいえば、私は園が好きです。
美人だし完璧そうなのに、誰よりも不器用なところが愛おしい。
園と恭司、実は鏡に映したようにそっくりですよね。
恭司も随分残酷なことをするものだ、と思うんですが、常識外れではあるものの、きっと悪意のない愛情表現なんですよね。それがまた悔しい。
まるで状況は違うのに、気付けば園に感情移入している自分がいました。

一方で、園が嫌い!という女性の気持ちもわからないではない。
見るからに高嶺の花な園には、羨ましさ半分、妬ましさ半分というところでしょうか。
「たとえ何があっても、相手を傷つけていいという理由にはならない」と心から理解するためには、実はそれなりに精神を成熟させる必要がある、と気づいたのは大人になってからです。

園も好きですが、行の若々しさ満載の物語も爽やかさ満載で胸がきゅっと締め付けられます。
行となっちゃんみたいな友情も、すごく素敵。
それに、行と忍の家族関係も。
いい時期に、いい人たちと関係を築けたんだね、と読んでいて微笑ましい気持ちです。

なかなか人の感情というのはシンプルではないから、複雑な想いもたくさん重ねるけど、それでも大切な人がいる日々というのは、それだけで随分愛おしいものだと、この本が教えてくれました。

別に闘ってるわけじゃないし、人間関係にフェアもアンフェアもないか。  (p149)

★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。