「ルポ 消えた子どもたち―虐待・監禁の深層に迫る」 NHKスペシャル「消えた子どもたち」取材班

18歳まで自宅監禁されていた少女、車内に放置されミイラ化していた男の子─。
虐待、貧困、保護者の精神疾患等によって監禁や路上・車上生活を余儀なくされ社会から「消えた」子どもたち。全国初の大規模アンケート調査で明らかになった千人超の実態を伝えると共に、当事者23人の証言から悲劇を防ぐ方途を探る。2014年12月に放送され大きな反響を呼んだ番組取材をもとに、大幅に加筆。

これは今、日本で起こっていることです。

学校がある昼間に、公園で一人遊んでいる子どもを見かけた。
年齢は、小学生高学年だろうか。

もし、様子がおかしいようなら声をかけるかもしれない。
でも、たとえ痣があるように見えたとしても近くから怖い父親が出てくるかもしれない、と思ったら声をかけることもできないかもしれない。
あなたは、声をかけられますか?
そこで踏み出す一歩が、もしかしたらその子の明暗をわけるかもしれないのです。

義務教育が完備されたこの日本で、教育を受けられない子どもがいる。
社会から孤立してしまった子どもがいる。
厚木児相の例のように、白骨化されて発見された子どものニュースは、どうやら氷山の一角のようです。
行政を、親を、教師をただ責めるのは簡単かもしれないけれど、そうではなく、同じことを繰り返さないために、どうしたらいいのか。それこそが今求められるものでしょう。

もちろん行政でも再発防止のための検討会は開かれたようだし、報告書も上がっている。
でも、そこには浮かび上がってこない悲痛な声を救い上げたのが本書です。協力した子どもたちもまた、同じ子どもがもう出ないように…との想いから協力をしてくれたとのこと。報道の持つ力の強さを感じました。
行政が児童を保護するような権限が必要なときもあれば、里親や養護施設の職員が寄り添うような優しさが必要なときもあるし、広く社会に現状を伝える報道の力だってきっと欠かせない一助なのでしょう。

読んで改めて感じたのは、早期発見の重要性。
子どもには、なにせ未来がある。
私たち大人はそれを、守らないといけないんだと思います。実際のところ、誰がどこまで何をするかというのは難しいところがある。
体調が悪くて学校に行けていない、と本人なり親が言えば、学校に行けていない現状を確認できたとしても引き下がるしかない。無理に立ち入って完全に拒否されてしまう方がリスクが高い。
マニュアルにはできないような、個別で非常にデリケートな問題だと思うのです。だからこそ、完全な解決策はないのかもしれない。

けれど、1つ言えることがあるとすれば、諦めないことが子どもを救う唯一の鍵になるんじゃないかということです。
日々の生活の中で他人を気に掛ける余裕はなかなかないかもしれないけれど、少なくとも、諦めないことで救える命があるんじゃないか、と信じたい気持ちになりました。

この本が世に出たことの意義は、非常に大きいものだと思っています。そしてこの内容が放映されたこともまた、ものすごいことです。
デリケートな問題である故にきっとたくさんの壁があったでしょうが、こうして形にしてくれたことで私の意識が変わったように、影響を受けた人は少なくないはずです。実際、反響も大きかったようですね。
プロジェクトチームの皆さま、本当にお疲れさまでした。忘れられない、1冊です。

「こうした親の多くに、一生懸命に子育てをしたいという思いがあることを、まずは理解するべきです。子どもを大切にしたくても、様々な行き詰まりの結果として虐待が起きていると理解しないと、意味のある支援はできません」 (No.1284)

★★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。