「シアター!」 有川 浩

解散の危機が迫る小劇団「シアターフラッグ」
そこそこ人気はあるが、何せお金がない。積もり積もった負債はなんと、300万円。
巧は兄に泣きつき、貸してもらえることになった。しかし・・・
「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」


有川さんの小説、やっぱり好きだ。
題材の幅も広くて、知らなかった世界を見せてくれるから、毎回わくわくしてしまう。
有川さん自身が常にアンテナを立て、様々なことに興味を持っているからこその題材の広さなんでしょうね。この本も、「図書館戦争」で柴崎麻子役を演じた沢城みゆきさんに招待された舞台と、そこで聞いた話がきっかけで生まれた作品だそうです。
キャラクターがコミカルで魅力的でいて、ストーリーは軽快。
リズム良くさくさく読めるんですが、たまにビビッと厳しさもある。
それがすごく心地よかったです。

司は、いわゆるツンデレというやつですか?(違う?)
兄弟愛がすごく微笑ましかったです。厳しさって、実は優しさでもありますよね。見捨てることなく、相手に成長してほしいと思うからこそ厳しくもなるのだと思うから。
「好きだから、やりたい」ということは貴くて素晴らしいと思うけれど、「仕事」として何かをやるのであれば、「好き」だけじゃ全然足りない。
仕事としてやるなら、求められるのは「プロ意識」であり、「プロとしての仕事ぶり」
劇団メンバーに足りてなかったのはきっとその部分。
公共事業などもそうですが、文化的な生産性のない分野はもともと利益を出すことを最優先事項にしていないですものね。

そこで利益をしっかり意識してやることは、一般の企業よりも難しいかもしれないけれど、とても必要なことに思います。
司は厳しく見えて、当たり前のことを言って、当たり前のことをしているに過ぎないんですよね。
なんだか目が離せないのは、千歳。
大好きなのは、司。応援したいのは、巧。
他のメンバーも個性的で人数の割にしっかり頭に残ってます。
続編も楽しみ!あと、不覚にも強引グマイウェイで笑ってしまった。ちょっと、有川さん・・・w

「人間が何かを諦めるのに必要な条件って分かる?」
(中略)
「全力でやって折れることだよ」  (p54)

★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。