「永遠の0」 百田 尚樹

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」
そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。
天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、1つの謎が浮かんでくる。
記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。


解説で児玉さんが、「本を閉じたときには、なにやらハンマーで一撃を喰らったような衝撃」と述べていましたが、まさにそんな感じです。
重い余韻が残ります。 最初は読み進めるのが辛くて、零戦の描写ではしょっちゅう鳥肌を立たせ、最後は大泣きしながら読み終えた小説でした。

私が昔は日本の植民地だったところに住んでいたこともあり、戦争については小さな頃からたくさん教えられていました。
教科書には載せきれないくらい、密度の濃いたくさんのことがあった時代だと思います。
日本人として、戦争に対する罪悪感みたいなものを幼い頃は随分感じていたし、日本側が書いた戦争の記録を読むことに抵抗のあった時期もありました。
そんなこともあってか、初めて知る内容も多かったです。「永遠の0」は、フィクションとはいえ、たくさんの資料をひも解いて再現、構築された物語だと思います。

戦争については、簡単に言葉にできないし、想像を絶する世界だと思いますが、命を燃やすようにして生きてきた人たちの人生がなんと濃く、激しかったことかと心が揺さぶられます。
自ら死に飛び込んでいくことを強いられた飛行機乗りたちの心情はいかほどだったろう。
当時の若者たちの遺書を読むと、本当に若者が書いたのかと思えるような内容で、一瞬一瞬が凝縮された時間を生きてきた人たちなんだと感じます。

歴史に「if」は存在しないけれど、「もし、あの時、」と思わずにいられない。
人の命が、きちんと尊重されて大切に守られる世界であってほしいと、強く思いました。
何が正しいとか、正義とか、そういうことはもしかしたら時代によって変わってくるのかもしれないけど、「ブレずに自分を持てる」人は強いですね。
そして、メディアの責任について言及されていたのも、考えさせられました。メディアが与える影響は大きいですものね。

現代の若者の目を通して、戦争当時に触れることができてとてもよかったです。物語として、希望や救いがあるのもいい。
見る角度によって見方がまるで違う「戦争」ですが、どれか1つを盲信するのではなく、いろいろな角度から見て、知っておきたいことだと思いました。
後世に残したい作品です。

「あんたは死にいく者が、乱れる心を押さえに押さえ、残されたわずかな時間に、家族に向けて書いた文章の本当の心の内を読み取れないのか」 (p422)

★★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。