「13階段」 高野 和明

犯行時刻の記憶を失った死刑囚。
その冤罪を晴らすべく、刑務官・南郷は、前科を背負った青年・三上と共に調査を始める。
だが手掛かりは、死刑囚の脳裏に甦った「階段」の記憶のみ。処刑までに残された時間はわずかしかない。2人は、無実の男の命を救うことができるのか。


著者の長編デビュー作ながら、江戸川乱歩賞受賞作。
記憶を無くした死刑囚の冤罪を晴らすため、仮釈放中の青年と刑務官が駆けずり回る物語。
これは単なるミステリーに非ず、社会に深い問いかけをしています。
すなわち、法と人の命について、罪と罰の重さについて、そしてその償いについて。
法の限界と、人の限界。
それを乗り越えて、人は社会でまっすぐに生きていけるのか。

殺人なんて、普通に生きていたら無関係。
そうかもしれないけれど、もしかしたら、そうじゃないかもしれない。
消せない憎悪の行き場や正しい罪の償い方について考えさせられました。

本来存在しないものを、負の連鎖を防ぐために存在する公機関にいる人の責任と重荷も相当なものでしょうね。
いつ自分がその立場に立たされるかわからないなぁなんて、気付くと随分感情移入して読んでいた気がします。
ずしんと重いけど、嫌いじゃない。現実味がなく感じた部分もありましたが、それでもすごく引き込まれて、楽しんで読めた1冊でした。

犯罪は、目に見える形で何かを破壊するのではない。
人々の心の中に侵入し、その土台を抜き取ってしまうのだ。  (p132)

★★★★☆

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。