「贖罪」 湊 かなえ

15年前、静かな田舎町でひとりの女児が殺害された。
直前まで一緒に遊んでいた四人の女の子は、犯人と思われる男と言葉を交わしていたものの、なぜか顔が思い出せず、事件は迷宮入りとなる。

.
娘を喪った母親は彼女たちに言った──あなたたちを絶対に許さない。
必ず犯人を見つけなさい。それができないのなら、わたしが納得できる償いをしなさい、と。
十字架を背負わされたまま成長した四人に降りかかる、悲劇の連鎖の結末は。


小学5年生の頃、直前まで一緒にいた女の子が強姦殺人にあった。
泣き叫ぶ母親がその時一緒にいた4人の女の子にかけた呪縛は、何年も彼女たちを苦しめていた。

暗く、おどろおどろしい。
救いを求めてページをめくるけれど、めくってもめくっても救いがない。
みんな少しずつ、あるいは大きくズレているから違和感や不快感がある。それはホラーを読んでいる時の感覚にも似ていて、みんな少しずつ狂気をはらんでいて怖い。
罪を償うというのは、難しい。
社会的に償うのでもなければ、自分自身に償うわけでもなく、第三者を意識して償いをした時に、一体何をすれば正解なのかなんて絶対にわからないですよね。

物語はエンターテイメントだとわかっていても、今作は全体的にリアリティのなさが気になりました。
身勝手な大人が、あんな挑発的な話し方の女性相手に黙って長時間話を聞くはずがない。途中きっと野次が飛ぶでしょう。席を外してしまうでしょう。
それとも、それを超えるほどの凛とした空気だったのか。

これが黒沢清監督のもとドラマ化されている話が最後に収録されていました。
普段あまり映像化に興味をもつことはないのですが、これはぜひ観てみたい。

★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。