「憧憬☆カトマンズ」 宮木あや子

「もうすぐ30歳だけど、自分探しなんて、しない。きっと、私たちは大丈夫!」
ハケンと正社員、外見と内面、偶然と運命? 仕事に、恋に、ゆれるワーキングガール必読! 
痛快! 爽快! ウルトラハッピーストーリー!!

暗い現実なんて、吹き飛ばしちゃえ!

暗い現実なんて吹き飛ばす、「ウルトラハッピーエンドな話」
確かにこんなの、現実的にはアリエナイッティ!なんですが、小気味よく楽しく読ませてもらいました。

主人公は29歳という、女性にとっては転換期となりやすい年齢。焦るよりは楽しく、恋に、仕事にひたむきな女性は、まさに日経ウーマンに連載されただけあって読者の心を掴むものでした。

言葉遣いが結構チャラチャラしていて楽に読むことができるんですが、真面目に仕事に取り組む彼女たちは傍から見ていてカッコよくて。

「採用段階でしょっぱなから低学歴なあたしら切り捨てておいて、社員が誰もやりたがらない仕事だけ低学歴の派遣に押し付けて、そんな派遣に会社に対する責任持てって、辞められたら困るって、ナニサマだよあんたら。勝手にこの子が育ったとでも思ってんのかよ、あたしがここまで使えるように育てたんだよ、派遣のあたしがね。」

と、啖呵を切る場面なんて、痺れます。

中高生の青春とは違った、大人の青春といったキラキラ感もまたすごくよかったです。
確かにリアルな小説もいいけれど、せめて娯楽である小説くらい、キラキラした幸せ満載なものを見せてほしい。
そういった意味で、手軽に気楽に楽しめる、1冊でした。

あとがきでは、リアリティとかくそくらえ!なそこのあなた。ぜひとも既刊の「セレモニー黒真珠」および「野良女」と併せてこの本を3倍楽しんでください。と書かれていて、もともと気になっていたそちらの本を読むのがますます楽しみです。

★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


1.情景☆カトマンズ 宮木あや子

憧憬☆カトマンズ著者:宮木 あや子日本経済新聞出版社(2011-06-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 「もうすぐ30歳だけど、自分探しなんて、しない。きっと、私たちは大丈 ...


2.『憧憬☆カトマンズ』/宮木あや子 ◎

面白かった~~!!!いやぁ、ノリがいいなぁ{%キラキラwebry%}、楽しいなぁ! ままならぬ想いにとらわれる切ない物語もいいんですけど、宮木あや子さんのこういう物語も、いいです! …


「憧憬☆カトマンズ」 宮木あや子” への4件のコメント

  1. こんばんは^^
    主人公二人はぶっ飛んでましたよね~。
    29歳という微妙な年を迎えて色々考えていることはあるようですが、この2人のサバサバした生き方がかっこいいなと思いました。私には出来ないなと^^;
    この本を読んだのは26~7歳だったと思うのですが自分は30歳になったらどうなるのかなーなんて考えていたような気がします。
    全然変わってなかったのですが(笑)
    この二人のようにいい意味で、いい加減にでもちょっと前を向いて行きたいなと改めて思いました。

  2. yocoさん、こんばんは(^^)。
    『憧憬☆カトマンズ』、スンバらしかったでしょ~?
    私もう、ホントにこの作品大好きで。
    私も、後藤ちゃんが啖呵を切るシーンは、特に好きです。
    カッコいい!そして笑える!センター長、アゴが外れちゃえばいいのに!!(笑)
    宮木作品は、色んな所でちょこちょこリンクしてるので、楽しいです。
    あの登場人物は、ちゃんとこの世界で生きてるな!って感じが、嬉しいんです、私♪

  3. 苗坊さん、こんばんは~♫
    すっかりご無沙汰してます。
    既に過ぎ去った29歳の時は私結構いろんなことに焦って追い詰められていたなぁと今振り返ると思いますが、二人のサバサバした明るさが本当にかっこよかったですね。
    学歴とか社歴とかじゃなくて、こーいうものに憧れるよ・・・!とすかっとした気持ちにもなりつつ、読んでて最高に楽しかったです。笑
    ほんとに、せっかくなので前向きに楽しく生きたいですねぇ。
    ウルトラハッピーエンドな話、ほんとよかったです。

  4. 水無月さん、こんばんは~^^
    お返事が随分遅くなってしまいましたが、ほんとにこちら、すんばらしかったですよ!!
    太陽のようなカラッとした明るさ、最高でしたねぇ。
    啖呵切るシーン、かっこよすぎですよね・・・!?
    痺れましたほんと。笑 
    作品同士でリンクしてるのって、ファンからしたらほんと嬉しいですよね。
    気になってたあの人がここに!みたいな。
    読む感覚が結構空いちゃってるので、果たしてちゃんと気付けるか・・?!と思いつつも、「セレモニー黒真珠」も「野良女」も読むの楽しみにしてます♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。