【ふるさと納税】山形県村山市のさくらんぼ

こちら、今年初のふるさと納税です。
山形県村山市のさくらんぼ!

昨年初めてふるさと納税というものをしてみたのですが、
実のところ、半信半疑だったんですよね。

実質2000円のみの負担(1箇所あたりじゃなくて、年間)で、いろんなお礼の品がもらえちゃう。
そんなおいしい話あるの・・・?
本当に本当なの・・・?
と、これだけ世間でやっている人がいるのにも関わらず疑っていた私。

先日今年度の納税額の通知が来て、よく見てみると、きちんと昨年ふるさと納税した分が納税されてる!
結果として、少し給与が上がったのに、今年度の納税額は昨年度より低いくらい・・・!
金額的には今年払うか昨年払うかの違いにしか過ぎないですが、ふるさと納税だとお礼の品がある。
これは、絶対、やらない手はない。

と、確信して、今年は5自治体に納付しようと心に決めてます。
まさか、楽しく納税できる日がくるなんて、思ってもみなかった。

選んだのは、旬のフルーツ

さて、昨年学んだことの1つに、ふるさと納税にも当たり外れがあるということ。
内容がいい悪いというよりは、好みもあると思います。
今年の私の方針は、旬のものを選ぶこと。

1つ目に頼んだのは、このさくらんぼ。
届いた箱を開けると、中身までかわいい。

じゃーん。


ツヤツヤしていて、おいしそう!
さくらんぼって、すぐなくなっちゃうから、自分ではあまり買わないんですよね。
でも、これだけたくさんあれば、心ゆくまで楽しめそうです。


おやつにも、食後にもさくらんぼ。
おいしい。幸せ。
最高の佐藤錦でした。

村山市とは?

さて、今回納税したのは、山形県の村山市。
ふるさと納税のおもしろいところは、それまで縁もなく、まるで知らなかった自治体の存在を知れること。
素敵なものをもらうと、美味しいものを食べると、一体どんなところなんだろう・・・?と調べたくなるのが、人の心。

村山市は、山形県中央部にある人口約2万5千人の市。
市役所のホームページを見てみると、「子育て応援手当」なる、第3子以降の児童1人当たり、児童手当に月額5,000円を満3歳まで上乗せして支給する手当を独自に作っていたりする模様。
他にも、毎日の健康づくりをポイント化する「みんなでハッピーレージ事業」(山形県協働事業)や、市が認可する施設で少人数の0歳から2歳児を保育する保育者である家庭的保育者を養育する事業を行っていたり。

それから、「GOGO!むらやま夢大学」という生涯学習の取り組みも楽しそう。
小さいながらも、とても活力の溢れる自治体なんですね。
どうやら、綺麗な薔薇も咲いてるらしい。

山形県は近くないですが、少し心の距離が近づいた気がします。
素敵なお礼の品、ありがとうございました。

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。