「白鳥異伝」 荻原 規子

遠子と拾い子の小倶那は双子のように育った。
だが、小倶那は都に出、大蛇の剣の主となり、勾玉を守る遠子の郷を焼き滅ぼしてしまう。
「小倶那はタケル、忌むべきものじゃ」大巫女の託宣を胸に、遠子は彼を倒すため、勾玉を連ねた「死」の首飾りを求めて旅立つが…?
ヤマトタケル伝説を下敷きに織り上げられた、壮大なファンタジー。


約10年ぶりに再読。
勾玉シリーズで一番好きだったのが、本書。
久しぶりに読んでもやっぱりよくて、久々に寝るのを惜しんで読みました。

運命に翻弄されつつ、ひたむきに生きようとする人々が織り成す物語。
壮大な和風ファンタジーです。
勾玉を集める旅はまるでRPGゲームのようで、そのファンタジー色の強い世界観に魅せられます。
加えて人物が誰も魅力的。読んでいて何度か泣かされました。
人は様々な一面を持っている生きものだと思いますが、それらが丁寧に書かれているからこそ読んでいて身近にも、愛おしくも感じるんでしょうね。
弱い一面と強い一面、好ましい一面と好ましくない一面。
思わずハッとさせられる場面がいくつあったことか。

以前読んだ時はただただ、そのファンタジーの魅力や人物描写に惹かれたけれど、改めて読んでみるとテーマの1つに「愛情の形」があることに気づきます。
本書には本当に様々な愛情の形で溢れていて、どれが良くてどれが悪いというものではないけれど、考えさせられるものがありました。
相手を想うこと、向き合うこと、一緒に生きることの大切さに触れられます。

「知るということは分けあうということよ。
たとえわたしに何もできないとしても、知る者がいるだけでちがってこないかしら」  (p350)

★★★★★

follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。