「フェイバリット・ワン」 林 真理子

国内の弱小ブランドで働く駆け出しのファッションデザイナー、夏帆23歳。
恋も仕事もどこか中途半端だった夏帆は、様々な男性と出会い、パリコレで刺激を受け、野心に目覚めていく。
もっと素敵な恋愛をしたい。もっと上質な洋服のデザインをしたい。そして、世界から認められたい――。

◆  

主人公は、どこにでもいる普通の女の子。
お洒落が好きで、素直で、恋愛を楽しむ彼女は、まさに本書が連載されていた雑誌MOREの読者層そのものではないでしょうか。
小説版「野心のすすめ」とも言われている本書は、そんな彼女が「特別」を目指してひたむきに駆け抜ける物語でした。

では「特別」とは何か、というと、辞書によると「他との間にはっきりした区別のあること」となりますが、唯一無二である、代わりのきかない、そんなキラキラしたものを特別と呼ぶんじゃないでしょうか。
無難なところで収まるのではなく、どこまでもそのキラキラを手に入れようと駆け抜ける主人公は眩しく、まさに野心とはこういうものなんだと感じさせられました。

それぞれの登場人物のキラリと光る台詞も印象的でした。
カメラマン中谷さんは中でも素敵。
「キラキラした人の下にはさ、何十倍もの満たされなくって、自分の夢とは別の道を歩いていった人がいるんだよ。
僕はさ、そういう人をたくさん見てきたからさ。ちゃんとそっちに向ける視線も持っていようと思うよ」

なんて、言えるキラキラした人。

人が「特別」に惹かれるのは、本能かもしれない。
がむしゃらに頑張るのも、コツコツと積み上げていくのもいいけれど、「大人のルール」は守らないとね。

「うんと頑張ってつらい思いしてさ、今の自分になったわけだよね。
一段も二段も高いところに立ったら、違う景色が見えるのは当たり前かもしれない。だったらさ、相手の視界に入るように、こっちだって高いところにいかなきゃいけないんだよね」(p250)

★★★☆
follow us in feedly

Pocket

トラックバックURL

トラックバック一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。