「負け犬の遠吠え」 酒井 順子

どんなに美人で仕事ができても、30代以上・未婚・子ナシは「女の負け犬」なのです!
そう高らかに宣言し、ユーモアを交えて鋭い分析をする自身も負け犬である酒井さんのベストセラーエッセイ。


話題になった本ですが、今さらながら読みました。
これ、めちゃくちゃ面白いです。自虐的なじめじめした感じではなく、シニカルで軽快な文章が魅力的。あまりに痛快で笑えます。
年齢的に条件には当てはまらないものの、素質としては十分負け犬体質な私。「やらないで後悔するくらいなら、やって後悔した方がいい」という言葉をよく口にする負け犬は、そもそも「やらない」という選択をすることによって、後悔せずに済んでいる人もたくさんいるということを忘れています(意訳)という下りには、言葉が胸に突き刺さって痛かったほど。知ってて見ないふりしてたのにずばっと言わないで!という感じ。

楽しい方へ好奇心たっぷりに突き進んでいく負け犬は、楽観的で人生を楽しんでますがそれ故に婚期を逃しているという現実。そうだよねえと思わず頷く部分がたくさんありました。
まだ未知なる35歳という年齢ですが、このままいくと自分もそこに辿り着くのかという境地が垣間見えて楽しいやら恐ろしいやら。
子どもがいるのと、いないのとでは生き方がまるで違ってきますよね。自分のことにたくさん時間をかけられる負け犬は確かに優雅な部分もあるけれど、自分のことだけに時間を費やすには人生はあまりにも長い。
子どもがいることだけが幸福ではもちろんないけれど、やっぱり生産性があるのは子どもがいる方だし、女として生まれたからにはとか考えてしまいますよね。

オスの負け犬の対談もなかなか面白かったです。草食系なんてもてはやされてるけれど、少子化の原因は女性だけじゃなくて男性も担ってますよね。
年齢を重ね経験値が上がるほどに賢くなったり、一人でいられる強さを手に入れたり、またその気楽さを実感していたりするが故に結婚への足取りは重くなるのもわかる気がします。

結婚してる人に聞くと、「結婚は勢いだ」なんて話も多いし、年齢とともに勢いが衰えがちになるのだからそれだけ結婚も難しくなるよねとも思います。
「負け犬なんて呼ばないで」とか「結婚したいけどできないの」とか、もやもや悩むアラサー・アラフォー必見の本だと思います。

負け犬は、生きることに汲々としなくてもいい生き物です。明日の米とか子どもの教育といったことよりも、厚手のリネンのテーブルクロスの入手方法とかクロールの美しい泳法といった、「そんなの知らなくても死なないだろう」ということにばかり、興味を持つ。  (P78)

多くの負け犬達との付き合いの中で私が感じるのは、負け犬が負け犬として存在していく上で重要な要素とは、「お得感」と「可愛気」の二点なのではないか、ということ。  (P263)

★★★★

follow us in feedly

「ショッピングの女王」 中村 うさぎ

医師にも「買い物依存症」と診断されるほどの、すさまじい買い物っぷりを描いた中村さんのエッセイです。

愛すべき浪費家。

次から次によくもまあ、いろんなものを(笑)と、読んでいて笑いました。

ブランド物を買い漁るほど陶酔していながら、「ブランド物ってのは一種の宗教だから、信者以外の人間にとっては、まったく価値がないんだよ」と言い切っちゃうあたりが好きです。

販売の仕事をしていた身からすると、こういうお客様が来店されたら嬉しいです。
決して「いいカモだ」とか思うからじゃなくて、心底買い物を楽しんでいるのが伝わるから、話していてこちらまで楽しくなる。 買い物を楽しめる人は、人生得している気がします。
好奇心旺盛で好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!とはっきりしているのも、中村さんの魅力なのかもしれませんね。

それにしても、へんなものを買いすぎ(笑)

(例えば・・・ 雨の日にさせないシャネルの傘、約8万円の幸運を呼ぶペンダント、痩せない「痩せるボディシャンプー」などなど)

 

「私がブランド品を愛用するのは、それがブランド品だからではなく、何十年も使えるしっかりした商品だから」とか気取って言う人がいるけど、それは違うね。

私たちがブランド品を購入するのは、それがブランド品だからだよ。ブスでもバカでも育ちが悪くても、とりあえずブランド品持ってりゃ、エラくなった気分が味わえるからだよね。   (p50)

 

★★★

follow us in feedly

「僕にできないこと。僕にしかできないこと。」 春山 満

「もうおしまい」と思ったところから道が開ける。首から下がまったく動かない車椅子の社長が、介護ビジネスの第一線を走る。人間の無限の可能性を問いかける、生きる勇気が湧く本。

再読。何年も手元にあって、捨てられない本。
24歳で運動細胞を徐々に破壊していく進行性の難病、進行性筋ジストロフィーを発症。介護ビジネスの第一人者でもある著者のエッセイ。
この本を読むといつも、はっとさせられます。 続きを読む

「負けるのは美しく」 児玉 清

俳優、タレント、司会者として活躍された児玉清さんのエッセイです。
映画界に入った時の話から36歳で亡くなった娘の話まで、波乱万丈な人生を綴っています。
テレビにもたくさん出演し、夢を叶えたいわゆる「勝ち組」だと思っていた児玉さんの本のタイトルが、「負けるのは 美しく」とは一体どういうことだろう、と思いました。

.
読み進めても読み進めても児玉さんの誠実なお人柄やユーモア溢れる様子、教養の高さは知れるものの、タイトルの意味がわからない。
と、思っていたら最後の最後でそれがわかり、はっとさせられました。
本当に、志の高い方だと思いました。

常に客観的に冷徹な目で自分を見てきた児玉さん。
厳しいその目には欠点ばかりが目に付き、挫折感や敗北感の連続だったそうです。その中でいつしか心に期するようになったのが「負けるのは美しく」というモットー。
ここで言う「負けの美学」とは、試合放棄をすることではなく、懸命に闘う自分を認める大きな心であり、勝ちにこだわりすぎないことで生まれる余裕のことなのかもしれません。

読書家だけあって、とても素敵な文章を書かれます。
軽い気持ちで楽しみながら受けた俳優の試験に合格したこと、学生時代に頼まれてフランス語の舞台をこなしたこと、日本語訳が出版されないならと英語の原書に挑戦したこと、1つ1つのエピソードは児玉さんが語るとまるで嫌味にならないんです。
ご家族の話には思わず涙してしまったほど。

志高く、それでいてしなやかに生きることを教えてくれる本でした。
豪傑と呼ばれた俳優や監督がたくさん出てくるのも楽しめる要素の1つです。

大部分の人は「できる」ということの意味をとても簡単に、低いレベルのところで考えていたからだと思えてならない。

俳優という仕事のもたらす、どうにも口惜しくてたまらぬ自分の至らなさ、誰にぶつけようもない、臍を噛む思いを、嘆きを、吸収してくれたのは、そして心底癒してくれたのは、読書であった。(中略)本の中には、僕の現実の世界をはるかに超えた豊かな世界がひろがっている。

A woman is like a teabag. You never know how strong she is until she is in hot water (Eleanor Roosevelt)

所詮、僕のスタイルを押し通そうとすれば、最後にはすべて喧嘩になり、爆発して限りが無い。ここで思い出されるのが、性格は運命だというヘラクレイトスの言葉だ。なれば、どうせ負けるのなら、美しく負けよう。このことにこだわっていれば、もしかしたら、嬉し勝ちの日を迎えられるかもしれない。   (p287)

★★★★☆

follow us in feedly

「やった。―4年3ヶ月の有給休暇で「自転車世界一周」をした男」 坂本 達

世界一周に旅立った友人が貸してくれました。
自転車で世界をまわった、タツさんのエッセイ。

自然は厳しくて、それでいて雄大。
各地にはいろんな文化があり、いろんな人がいる。

世界は、本当に広い。
世界一周というと夢とロマン!のように感じられるけど、危険ももちろんたくさんあるわけで、病気にかかったり、旅慣れた知り合いを亡くしたりするエピソードも書かれており、甘くはないなと感じさせられました。
とても刺激を受けたし、大切なものを感じさせてくれた1冊です。

★★★☆

follow us in feedly

「さるのこしかけ」 さくら ももこ

ずっと面白い面白い、って話は聞いてたけども読む機会がなくて、やっと読むことができました。期待を裏切らない面白さでした。
「ちびまる子ちゃん」の作者でもあるさくらさんなんですが、まさにさくらさん=まる子。
様々な楽しい行動をしてくれます。
読んでる最中私の頭の中では大人になったまる子が動き回っていて、何度も笑える場面にぶつかりました。
ここに出てくる人たちはみんないい人ばっかりで読んでいて温かくなります。

人間味溢れる人たちの中で、特に結婚後実家に帰る話などはほろろんとしてしまうものがありました。
ただバカをやって笑わせるだけじゃなくて、こういうのがあるからさくらさんはすごいです。
漫画家だからか、読者をきちんと想定した”読ませるエッセイ”といった感じでした。
とりあえず、おもしろいです。

★★★★

follow us in feedly

「わたしの台所」 沢村 貞子

引越しの際、全ての本を人に譲るなりして処分したにもかかわらず、母が料理書以外で唯一持ってきたのがこのエッセイでした。
読んでみて、それも納得。
このエッセイには生活の知恵から昔ながらのしきたりまでさまざまなことが、とても丁寧な口調で書かれています。

この本は、たくさんのことを学ばせてくれる上に私を前向きにしてくれる、なんとも素敵な本です。
自分の工夫次第で、考え方次第で物事はいくらでも良くなるもの。
大切なのはそういう事、と優しく言ってくれてるような気がします。

お互い求めすぎれば、傷がつく。
親子兄弟、親戚の間にも、その悩みはつきまとう。
血が通っている、縁が続いている、という甘えがあるから、つい相手の心の壁の間にまで踏み込んだりする。あげくの果てに取り返しがつかないほど、傷が深くなってしまう。
 「つかず、はなれずが一番さ」

★★★★

follow us in feedly

「泣かない子ども」 江國 香織

題名に惹かれて手に取ったものの、エッセイは滅多に読まないし、どうしても馴染めなくて失敗だったかな、って思っていた矢先の「夜の歩道橋」あたりから江國ワールドに引き込まれていくのがわかりました。
もう一度読み直してみると、今度はすんなり受け入れらることができました。

これを読んで私も好きになった言葉で「またあしたね」っていうのがあります。
小さい子でも使うような些細な言葉なんだけど、言われると嬉しいし、言っても嬉しい言葉です。
なんだか江國さんって全体的に子供みたいな感性を持った人だなんて思いました。
今度は小説も読んでみたいと思います。

★★☆

follow us in feedly