「アルジャーノンに花束を」  ダニエル・キイス

32歳になっても幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイ・ゴードン。
そんな彼に、夢のような話が舞いこんだ。大学の偉い先生が頭をよくしてくれるというのだ。
この申し出にとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に、連日検査を受けることに。
やがて手術により、チャーリイは天才に変貌したが・・・超知能を手に入れた青年の愛と憎しみ、喜びと孤独を通して人間の心の真実に迫る。

再読です。
基本的に本を読み返すことが少ないです。なので、読んだ本を手元に置くことがあまりない。
けど、何度でも読みたくなる本、何度読んでもいい本というのが一定数あって、これもその1冊です。 続きを読む