「ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~」 三上延

静かにあたためてきた想い。
無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。
物思いに耽ることが増えた彼女はついにこう言うのであった。必ず答えは出す、ただ今は待ってほしいと。
ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。いわくつきのそれらに秘められていたのは、過去と今、人と人、思わぬ繋がり。

脆いようで強固な人の想いに触れ、二人の気持ちは次第に近づいているように見えた。だが、それを試すかのように、彼女の母が現れる。
この邂逅は必然か? 彼女は母を待っていたのか? すべての答えが出る時が迫っていた。

青年の想いを古書は静かに見守ってきた

続きを読む

「ビブリア古書堂の事件手帖4」 三上延

珍しい古書に関係する、特別な相談――
謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。
その古い家には驚くべきものが待っていた。
稀代の探偵、推理小説作家江戸川乱歩の膨大なコレクション。それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けてほしいと持ち主は言う。

金庫の謎には乱歩作品を取り巻く人々の数奇な人生が絡んでいた。
そして、迷宮のように深まる謎はあの人物までも引き寄せる。美しき女店主とその母、謎解きは二人の知恵比べの様相を呈してくるのだが――。

やっぱり大好きです、このシリーズ。

久しぶりのビブリア古書堂シリーズ。今回はついにあの人が登場。
じれじれだった二人の関係にも動きが見られ、江戸川乱歩を主軸に綴られた長編はものすごく、おもしろかったです。
今までで一番好きかもしれないくらい。 続きを読む

「ビブリア古書堂の事件手帖 3 栞子さんと消えない絆」 三上 延

鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂は、その佇まいに似合わず様々な客が訪れる。
すっかり常連の賑やかなあの人や、困惑するような珍客も。人々は懐かしい本に想いを込める。それらは予期せぬ人と人の絆を表出させることも。
美しき女店主は頁をめくるように、古書に秘められたその「言葉」を読みとっていく。
彼女と無骨な青年店員が、その妙なる絆を目の当たりにしたとき思うのは?絆はとても近いところにもあるのかもしれない―。これは“古書と絆”の物語。


久しぶりのビブリアシリーズ。
前作を読んだのが大体3年前くらい。
時間が経つのが速くて驚きますが、久々に読んでもやっぱり楽しめる1冊でした。

相変わらず古書に関する造詣が深くて、知らない本ばかりながら、いつもため息をつくように圧倒させられるのですが、今作には私にとってすごく思い入れのある小説が登場してびっくり。
それが、ロバート・F・ヤングの「たんぽぽ娘」。

この本は、梶尾真治さんの「クロノス・ジョウンターの伝説」にも出てきて、当時絶版で、だけどどうしてもどうしても読みたくて、人づてになんとか入手して読むことができた思い入れのある1冊です。
絶版本を巡ってあんなに頑張ったのは後にも先にもあの時限り。
最近は書店で平積みになっているのを見かけ、懐かしいな、また読みたいな、なんて思っていたところだったので、本書で登場して本当にびっくり。

それはさておき、二人の距離がほんの少し、すごく少しだけ近づいたのが今回の進展でしょうか。
ちょっと微笑ましいけど、このペースでいったら一体いつ二人は結ばれるんだろう、なんて思ってしまったり。
それからラストで思わぬ謎が解き明かされて、ちょっとすっきり。というより、前作までの話の記憶大分おぼろげで、そうだったのか、という感じです。
私の記憶力では、時間を空けて読むとシリーズものの楽しさが半減してしまうのが悲しい。

お母さんについては、まだまだ謎のベールに包まれていますね。ゆっくりまた読み進めていきたいところです。

★★★☆

follow us in feedly

「ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常」 三上 延

鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。
まるで吸い寄せられるかのように舞い込んでくる古書には、人の秘密、そして想いがこもっている。青年とともに彼女はそれをあるときは鋭く、あるときは優しく紐解いていき―。


期待しすぎかな、と思いつつも読んだ2巻もとてもよかったです。
この小説が持つ苦味が、すごくクセになります。
謎が解き明かされても単純に爽快なわけではなく、胸の内がざわざわする感じ。どこか、「知りたくないけど知りたい」という感覚が快感です。
今回の個人的な感動ポイントは、第二話でした。
思わずほろり。人間ドラマは大好きです。

ラストがいいのは、前巻と変わらず。もちろんここも見どころの1つ。
栞子さんは・・・男性から見たら相当かわいく映るんじゃないでしょうか。著者の好みの反映というか、狙っているというか、そんな感じもしますが、私は好きです。
聡明でいて、時にゆでだこのように真っ赤になる女性って、なんて愛らしいんでしょう。

本筋だけじゃなく、本にまつわるウンチクもとても楽しく読んでます。
これから先も、栞子さんと大輔を見守っていきたい。そんな気持ちにさせられます。

★★★★☆

follow us in feedly

「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち」 三上 延

北鎌倉で古くから営まれる古本屋、「ビブリア古書堂」
膨大な本の知識を持つ店長は、超絶人見知りの若い女性。
彼女の本に対する情熱が、古書にまつわる謎と秘密を解き明かす。


本屋大賞ノミネート作品。
本屋で平積みにされていたり、レジ横でおすすめされていたりするのをよく目にしていたんですが、何故かアンテナが立たず。
どうやら作中で古書を取り上げているらしいけれど、読んだことのない本ばかりだったというのも興味を持てなかった理由かも。
でも、ブロガーさんたちの評判もいいし・・・偏見を持たずに読んでみよう、と思って購入。

やっぱり、話題になる本というのは、それなりに理由があるんですね。
思っていた以上によかったです。
淡々としているけれど軽すぎず苦みがあって、ミステリー要素もあり。
ミステリーを期待して読むほどじゃないけれど、ライトノベルよりは読みごたえがある。

最初は主人公の体質とか、栞子さんのキャラとか、いまいち肌に馴染まなかったんですが、慣れると気にならないですね。むしろ栞子さんをかわいらしく感じたり。
北鎌倉の風情溢れる街並みも好き。
どの連作短編もいいんですが、3話目は最高。ものすごくよかったです。
短編ごとに日々の小さな謎が解き明かされ、シリーズを通して登場人物にまつわる様々な謎が明かされる。
これから楽しみなシリーズになりました。

紹介されている本も、栞子さんが楽しそうに話すのを聞くと読みたくなりますね。
既に2巻も購入済み。わくわく。

★★★★☆

follow us in feedly