「切れない糸」 坂木 司

周囲が新しい門出に沸く春、思いがけず家業のクリーニング店を継ぐことになった大学卒業間近の新井和也。
不慣れな集荷作業で預かった衣類から、数々の謎が生まれていく。同じ商店街の喫茶店・ロッキーで働く沢田直之、アイロン職人・シゲさんなど周囲の人に助けられながら失敗を重ねつつ成長していく和也。
商店街の四季と共に、人々の温かさを爽やかに描く、青春ミステリの決定版。

読んでいて、心に明かりが灯るような1冊でした。

商店街のクリーニング屋さんを舞台にした、日常ミステリーです。

著者が、“1話限りで去ってしまう使い捨ての人物や「死ねば事件だ」のような話は書きたくなかった” と発言されていたとあとがきにあるように、描かれる人物や日々のできごとに愛情が込められているのがわかります。

刊行はこちらの方が先ですが、和菓子のアンでお馴染みのあの人も登場します。それは、思いがけず親しい友人に再会したかのような嬉しさで。

私、坂木さんの描く登場人物が本当に大好きで、誰も彼もがすごく魅力的なんです。
「クリーニング屋」という仕事に少しずつ誇りを持って取り組む主人公も大好きだし、義理人情に厚いプロ職人のシゲさんも好き。そして共通するのはみんなとても優しいというところ。
著者が周りに愛されて育って、それを感謝する気持ちを常に持っていることが伝わってきて、胸が本当に温かくなります。

さて、ミステリーとしては顧客の個人情報が詰まった洋服等を集荷しながら、謎を解いていくスタイル。
クリーニング関連の豆知識も知ることができておもしろかったです。
クリーニングから戻ってきた服のビニール袋は外すこと、というのは知っていましたが、汚れたらすぐに洗えばいい、という素材ばかりでないこと等知らなかったこともたくさん。
和菓子のアンでは全国のお取り寄せが登場して楽しませてくれましたが、今回は映画が作中でいくつも紹介されます。
物語の本筋とは違うけれど、読み手には嬉しいおまけをつけてくれるのもすごく楽しめる要因の1つです。

故郷らしい故郷がない私は、こういう生まれ育った町、とか、商店街の顔なじみの関係、とかすごく憧れます。
きっと煩わしいこともあるんでしょうけれど、顔の見える関係が温かいですよね。
読み終わってタイトルを見ると、改めていいタイトルだなぁと思います。次作も、とても楽しみです。

愛されていたという記憶さえあれば、人は一人になっても生きていける。大切にされた命だとわかっていれば、暗い道で迷うこともない。わかるか? (p102)

★★★★★

follow us in feedly

「青空の卵」 坂木 司

僕、坂木司には一風変わった友人がいる。自称ひきこもりの鳥井真一だ。
複雑な生い立ちから心を閉ざしがちな彼を外の世界に連れ出そうと、僕は日夜頑張っている。料理が趣味の鳥井の食卓で、僕は身近に起こった様々な謎を問いかける。鋭い観察眼を持つ鳥井は、どんな真実を描き出すのか。謎を解き、人と出会うことによってもたらされる二人の成長を描いた感動の著者デビュー作。

ひきこもり探偵シリーズの第1作でもある坂木さんのデビュー作。
コンピューターのプログラマーをしている人間嫌いのひきこもり気味な人間鳥井真一と、そんな友人のために休みが多く比較的自由がきく外資系保険会社に就職した坂木司が織りなす日常ミステリーでした。

最初に思ったのは、主人公と著者の名前が同じだ!ということ。思わず道尾秀介さんを思い出しましたが、ミステリー小説ではままあることなんでしょうかね。

それはさておき、癒し系ミステリーと言ってもいいかもしれないというくらい、本書に流れる空気が優しくて、かなり情緒不安定で社会に適合できない鳥井の姿にはらはらしつつも、人の温かさに触れて安心したり、私自身癒されたりしました。

名探偵コナンは体が子どもで頭脳が大人ですが、鳥井は明晰な頭脳を持ちつつ子どもの心を一部残していて、それは純粋な心を残しているというよりも、条件が重なると言動が幼児化してしまうというような危ういもので、鳥井が持つ闇が深くていたたまれない。

ところで坂木さんの小説に登場する人たちは本当にみんな本当にキャラがいい。
この作品がシリーズものなのが嬉しいです。まだまだずっと読んでいたい。本作は短編小説の連作ですが、一番好きなのは「春の子供」。複雑な生い立ちの鳥井ですが、この章では氷が溶ける様が垣間見れて、家族っていいなぁと思わされます。

恋人でもない家族でもない、不思議な関係の鳥井と坂木ですが、二人の友情がいつまでも形を変えながらでも続いていくといいなと願わずにはいられません。
とっても美味しそうな全国の銘菓や鳥井の料理にもわくわく。続編を読むのが楽しみです。

生きていく上での幸福は、誰かとわかちあう記憶の豊かさにあると僕は思う。 (p70)

★★★★

follow us in feedly

「和菓子のアン」  坂木 司

デパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めた梅本杏子(通称アンちゃん)は、ちょっぴり(?)太めの18歳。
プロフェッショナルだけど個性的すぎる店長や同僚に囲まれる日々の中、歴史と遊び心に満ちた和菓子の奥深い魅力に目覚めていく。

読めば思わず和菓子屋さんに走りたくなる、美味しいお仕事ミステリー。

これは、萌える…!
ふくふくかわいい主人公、アンちゃんがデパ地下の和菓子屋さんを舞台に繰り広げるハートウォーミングストーリー、かつ日常系ミステリーでした。 続きを読む