「ストーリー・セラー」 有吉 浩

このままずっと小説を書き続けるか、あるいは……。
小説家と、彼女を支える夫を突然襲った、あまりにも過酷な運命。極限の選択を求められた彼女は、今まで最高の読者でいてくれた夫のために、物語を紡ぎ続けた――。
「Story Seller」に発表された一編に、単行本のために書き下ろされた新たな一篇を加えて贈る完全版。

読み終わってぱたん、と本を閉じたら思わず心が空白になりました。
だって、最後に「・・・ん・・・・?!」と思わせて終わるんだもの。
ひと呼吸置いたあとで最初から読み直すこととなりました。

プレゼントのようなとても素敵な装丁の本書。
ここには女性小説家の妻を亡くす夫の話と、女性小説家の夫が亡くなる話がそれぞれSideAとSideBに掲載されています。
有川さんによく似た「彼女」によって書かれた2つの物語。

私が好きで追いかける作家さんは、村上由佳さんにせよ(「ダブル・ファンタジー」)、狗飼恭子さんにせよ(「薔薇の花の下」)小説家が主人公の小説を書いていて、普段は意識することないのに、一体どこまでが著者本人のことなの??と思うくらい、本人の影を作中に感じてしまう。
本書は有川さんが意図してる部分もあるけれど、実際にノンフィクションな部分も多分に盛り込んである気がしました。

きゅんとする要素もあるんですが、それよりも相手を思う深い愛情に触れられて胸が締め付けられるような作品でした。
SideAの手紙なんて、有川さんから旦那様へのラブレターじゃないですか、ほとんど。伝えたいことを本に載せて届けるという、小説家にしかできない愛情表現、なんて風に感じたりして。

深い愛情や感謝が感じられると同時に、有川さんの強い憤りも本書にぶつけられているように感じました。
問題を先送りにする家族、批判を振りかざす無遠慮な人々、理不尽な運命。読んでいてこちらまで悔しく、イライラさせられたほど。

それでも総合的には夫婦の愛に心が温かくほぐされた1冊でした。生涯の伴侶となる人が一番の味方、ってなんて頼もしいことでしょうね。

結婚の最大のメリットは精神的に支え合える相手が常にそばにいることだ。 (p53)

★★★★

follow us in feedly